2012年11月09日

Talk Seminar by Mr.Tokugawa


テーマ:「混沌の現在を維新前後から読み直そう
 〜東葛より未来への発信〜」(無料)


講師:
徳川文武
(松戸徳川家3代目当主) 
‐プロフィール‐   
最後の将軍徳川慶喜の弟で水戸藩主の昭武の曾孫
早大応用物理学科、スタンフォード大電気工学科卒
長年、米国シリコンバレーにてエンジニアとして勤務
松戸国際交流協会名誉顧問など歴任 

日時:12/9(日) 2〜3時 (開場1時半)

場所:我孫子南近隣センター(けやきプラザ8F) 第1会議室 
    千代田線・常磐線 我孫子駅南口より徒歩一分

期日前投票所になったため、場所の変更は追って

定員:20名 ・・・世界にも発信できる人材になろうという意欲のある方。

申込み:Tel/Fax 04-7184-9828 (Kaidu)

内容:
東葛における江戸と維新の前後の時代を考えていく参加型トークセミナー。
 
松戸にある徳川家にゆかりの戸定邸(徳川昭武公の別邸)は、国の重要文化財となっています。
徳川昭武公は幕末のパリ万博へ将軍名代として派遣され、展示された日本の美術工芸品はのちのジャポニズムの原点となりました。随行者には、渋沢栄一などの若者たちが抜擢され、後に大活躍しました。

ふたたび「維新」がキーワードにされるこの頃、歴史や社会を読み直す機会にしようと、松戸徳川三代目当主にあたる徳川文武氏を講師にお招きし、トークセミナーを開催いたします。地元大学の留学生など、日本語がわかり、歴史・文化に興味がある外国人の方にも参加を呼び掛けています。ふるってご参加ください。

*布佐・井上邸(国・登録有形文化財)の我孫子市への寄贈が決まったこの時期、希望者はセミナー後に
ご一緒に見学も予定。 なお、その際の交通費、井上邸入館料は自費となります。

クリックで拡大できます ↓

布佐ツアーには、フランス、英国、中国、ミャンマーの方々も御案内し、好評ですぴかぴか(新しい)

M1020002.JPG

M1020005.JPG


M1180019.JPG


M1010021.JPG

主宰:戸定企画/明日の我孫子をつくる会

posted by Nina at 07:26| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)