2012年10月22日

手賀沼下水終末処理場の最近の状況 

先週末、最近の手賀沼下水終末処理場の最近の様子が気になったのでみてきました。入口には、立ち入り禁止の札がいくつも立っていました。処理場の担当者は、すべて県・資源循環推進課が一括しており、終末処理場の工事の進捗についてもここでは答えられないとの一点張りでした。裏口に回ってみると、そこが例の焼却灰を持ち込む建屋を建てる工事現場で、現場のオジサンに聞いたところ、現在の工事は植栽と受付棟の設置を
11月末までには終わらせる予定で進めているとの話しでした。 現状は、下水処理の際に高濃度の放射能汚泥を処理保管しており、工事現場付近でのガイガ―計測では、0・14~19μSvの値がでました。我が家の前の除染作業が終わった公園(0.27~0.3μSv)より低かった事が分かりましたが、今後どのようになっていくか先が読めません。


M1430017.JPG M1430004.JPG

処理場 .jpg

M1430009.JPG






posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)