2012年09月15日

年を気にしない、やるべきことをやれる時に

葛飾北斎は、世界の芸術家に大きな影響を与えたのだが、「富嶽百景」を完成させたのは75歳のときだった。
その際に、「70歳までに描いたものは、取るに足らないものだった。73歳にしてようやく鳥や獣、虫や魚、草木の本当の姿を描くことができた。きっと90歳になったらその奥儀を究め、100歳になれば人智を超えた域に達することができるかもしれない」と言い、実際は90歳まで生きた。
晩年は家財道具も一切ないほどの赤貧を極めたが、北斎のその輝かしい作品群は残った。

道元禅師の言葉に、「前後際断(ぜんごさいだん)」がある。
過去や未来のことを断ち切り、今、この一瞬を生きる、ということだ。
今を一所懸命に生きる人は、後先を考えない。
「あの時しっかりやっておけばよかった」とか、「明日はどうなるだろう」、などと思い悩むことはない。
たとえ泥縄であったとしても、今やるべきことを、後先考えずに、懸命にやる。

実は、泥縄式生活法の元祖は達磨大師。
ダルマさんはインド屈指の高僧で、多くの弟子、信者に囲まれていた。
そんなダルマさんに、ある日、天命が下った。

『インドでは、もう仏教は亡びてしまう。ここから西方に中国という国があって、次に仏教はそこで花咲き、実を結ぶことになる。汝は中国に行って禅仏法を伝えなさい』

ダルマさんは、その天からの命を受けて、ただちに準備して、涙を流して別れを惜しむ弟子、信者たちを後に出発した。その時、ダルマさんの年齢は何と83歳。
その当時の旅行ですから、中国にたどり着くのに3年もかかっていた。
中国に到着して、方々の国を巡ったのですが、受け入れられず、結局、インドからやってきた放浪僧とみなされた。おかげで部屋も与えられず、廊下のすみっこで、赤い毛布にくるまって座禅をしておられたそうで、そのダルマさんの姿を写したのが、“ダルマさん人形”だ。

ダルマさんは、9年間も壁に向って座っておられ、これh「九年面壁(めんぺき)」という。
そして、神光という弟子がたった一人できた。細々と法が伝わって、6代目の慧能という方の代になって、ようやくワッと、中国大陸全体に、大きく禅仏法の花が咲き、実がなった。ダルマさんの念願が実現するまで、実に百年以上の歳月がかかった。

禅では、泥縄式の人物を鈍器(どんき)として尊ぶのはこうしたわけだ。
むしろ、時間という尺度で物事をとらえ、効率を考えたり、損得、優劣で判断する小ざかしい人間をきらう。
時間のスケールの中で考えたら、間に合う、間に合わぬ、役に立つ、立たぬなどの価値判断が出て来てしまうが、とにかく、今、必要だからやる。つまり、効果の有無、役立つ、役立たぬなど、損得ではない。
これを禅的「泥縄式生活法」とよぶ。
通常の私たちの時間の尺度において役立たずにかもしれませんが、
長い時間スケールで見たとき、偉大な行動は価値が消えないのである。

参照:『ひとついのち』本心庵


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)