2012年08月04日

脱原発のココロ オノ・ヨーコさん、世界中が見ている

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の後、本当の豊かな暮らしとは何か問い直した人も多い。けれど、また、「指で押すだけ」の利便性にどっぷり浸かった暮らしに戻りつつあるのではないだろうか。

 それでも、一方に、世界には「脱原発」の旗を掲げ、夢や理想を語り、いつの日にか平和を実現しようと努力している人たちもいる。オノ・ヨーコ(78)さんは、昔も今もポジティブに「ココロ」に訴えようとする。ジョン・レノンなら、こんな時さけたりしないで、福島に行ったと思うという。必ず、復興すると信じているとメッセージする。ポール・マッカートニーがオリンピックのセレモニーで皆で一緒にと呼び掛けた。ビートルズ・ファンの私も、そう思う。
Yoko Ono.jpg

出典:東京新聞 2012年1月1日
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)