2012年06月07日

依存精神から足を洗おう

いよいよ、社会保障に当てる安定財源としての消費税引き上げ法案が、民主、自民の間で政策協議されます。日教組出身の輿石は組織人としての習性から、党代表の野田につくというのが大方の予想でありましたが、昨日輿石は野田の考えと同じだと明言するところになり、政策協議に入るところに漕ぎつけました。
日本のガラパゴス化を避けるためには、合意していくしかないのです。日本売り→長期金利が上がる→借金を抱える中小企業は倒産増→生活保護が維持不可能か!? そこを打開するためにも、社会保障の拡充に国が舵をしっかり切り、税金を払う国民が幸福を実感する、そういう賢明な文明開化に進む。富国強兵→敗戦・占領→経済大国で誤った路線を「上の決めた事だから」とエリートまかせにせず、3.11後こそ、国民の意見で修正する時なのです。まずは、メールで各省、官邸、マスコミに送る、または友人とメールで意見交換する、のはどうでしょう。

原発ゼロ直前に、こんなメールが来てましたので、ちょっとご紹介。

----- Original Message -----
Sent: Sunday, April 15, 2012 9:22 AM
Subject: また、元気にお会いできる日を

海津様

福島原発事故の影響で、問題は28万人の人たちを一瞬にして巻き込んだのです。中長期にわたって生命、財産、家族、祖先、職業を失うか、または、その影響で普通の人たちの小さな幸せが奪われている。しかもいまだ、汚染は続き廃炉さえ目途は立っていない、一方で東京電力、東芝、日立、政府は責任の多くを回避または税金投入、電気料金値上げによって軽減させ、原発ビジネスの再活性化を図っている。この戦前の日本軍、政府が沖縄の同胞を見殺しにした責任も取らず、その人たちをさらに人質にしたまま、米軍依存生活に追いやっている。北朝鮮を利用し軍事基地の再編強化に動いている。電力大消費の恩恵、軍事基地ゼロの幸せを自分たちはけながらも、いっぱしの理論や非科学的データを披瀝する人たちのなんと多きことや。
同胞が塗炭の苦しみに会っているときに恥ずべきではないか。

海津さん!広島の放射能残による影響とは、比べようもないくらいに深刻なのが、福島メルトダウン及び皆さんの近くにも保存されている使用中、及び使用済み核燃、再処理済み核燃料の問題なのです。これは、まったく報道されていません。これを知れば、再稼働など何を馬鹿なことをと思われるはずです。
なんと地震大国日本で!
米国、フランスは原発を地震帯を外して建設しているのにです。日本では不可能です。しかも人口密集と生産地域の近接があります。孫たちのためにはグリーンエネルギーを最初から目を向けるべきでした。
中国、米国、ドイツに後れを取ることにならないように祈るのみです。残念ながら、すでに差はついていますから、日本国民はよく考え、みんながこうするからでない自分の意見をもつ時でしょう。

@@@@@@@@@@@@@@@@

<参考>
福島第一事故関連の概要一覧
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc%2Fdomestic%2Ffukushima_nuclear_plant%2F
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)