2012年05月25日

ミルフイユな生活レシピ

幕末〜維新時にフランス人が伝えた“Millefeuille”というお菓子は、パイ生地を何層にも練り込んで、食べやすい大きさの日持ちのするので日本でも好まれるようになりました。ミルとはフランス語で千を意味し、フイユは葉っぱを意味します。「葉っぱが千枚重なっている」つまり、千葉?!

そこで新しい感覚で房総の千葉を感じる、見る、食べる、まちづくり、生き方をよりよく素敵に作りなおして我孫子から発信してみようと、ブログのタイトルにしまた。ホットスポットなどと言われる東葛エリアですが、千葉県に住む住民として、健康で安心できる暮らしを求めるならば、東京ばかりに目を向けていても住んでいる千葉に還元されません。千葉都民と呼ばれる人は千葉知らずでしたが、そろそろ千葉の良さを見直して、じっくり味わってみたいと思います。

まずは、このミルフイユという言葉を、楽しく、身近に感じてもらうために、料理で試みてみましょう。

ハート(トランプ) 豚肉と白菜のミルフイユハート(トランプ)
簡単!切って、煮て30分で美味しい。ワインにも合います。

材料(4人分)

豚肉(薄切り)...350〜400g白菜...1/4株土ショウガ(せん切り)...1片分酒...250〜300mlポン酢しょうゆ(市販品)...適量297.0kcal(1人分)

作り方
1.白菜は葉と芯に切り分け、芯は大きめの削ぎ切りにし、葉はザク切りにする。

.2.鍋に白菜、豚肉、白菜、豚肉と重ね、最後に酒と土ショウガを加え、蓋をして強火にかける。全体に火が通ったら、4等分に切り分け、器に盛ってポン酢しょうゆにつけていただく。

料理になれない人でも、必ず失敗なく作れます。白菜は厚めの部分は良しとして先の葉の部分は煮ると薄くなるので重ねた方がいいです。試してみてください。

次に泊る、ミルフィーユです。http://www.adbnet.com/y/millefeuille/
幻想的な美景漂う女神湖、ゴンドラリフトのある白樺高原へ徒歩4分、一泊2食付き(フルコースディナー)で8900円。詳しくは、上記HPで。

そして、千葉のミルフイユ http://www.orandaya.net/milluichigo.html
オンラインショップで、千葉のお土産として話題にできる洋菓子です。
落花生など千葉県の特産品を材料にした葉っぱの形のサクサクしたパイで、苺のフリーズドライ入りのホワイトミルクチョコをサンド、オリジナルです。
bayfm78リスナーとお菓子のオランダ家が一緒に作り上げた、新千葉銘菓「千葉ミルフィーユ」は大ヒット商品に成長しています。日持ちは2週間です。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)