2012年05月09日

つくばの竜巻

このところ強烈な災害に見舞われる我孫子周辺です。
つくばは近いところなので、知り合いの方の関係者のお宅の屋根が半壊したとか実際に起きています。
被害に遭われた方には心が痛みます、心よりお見舞いを申し上ます。

さて、ACTという主宰する英語の集まりのメーリングリストでは、竜巻について、下記のようなやり取りがありました。
現地での写真を送ってくださった方は、長崎で被曝されて、そして柏にいるのですから私たちと同じ低濃度被曝ということで再被曝ではあります。でも、被曝手帳をもつご一家はいたってご健康で、頭脳明晰で、数ヶ国語を今でも意欲的に学んで平和な地域社会はおろか世界にも訴えたいとフランス語も勉強して、タンゴをマスター、田んぼはないが畑をしていて、スカイツリーの観測かと思うとカッパドキアまで行ってしまう、フットワークかるく行動派です。この町を離れる人を見ているとそんなにしなくてもだいじょう〜ぶなどという風です。その他、私は平和関連の活動から広島、長崎の方がいる我孫子市被爆者の会の方と知人が多くいるので
震災直後に相談(何分、選挙事務所を開設していたのでその近くの方)に行きました。「こんなの兵器による放射能が落ちてきたのと比べたら、慌てることはないよ〜。あの時、爆心地からでもこうして元気にしている自分がいるのだから、ね」と言われました。

うろたえず、やることをやるという様な姿勢の方がいると、きっと明日はよくなると思う事にすることになりました。最近は、次のようなHPも見つけました。 http://www.yukalink.com/

され、このブログをご覧になった方で、ACTの会の英語の集まりを覗いてみたい、一期一会を大切にと考える方、どうぞ13日(日)10-12時、久寺家近隣センターへ来て見てください。ACTの会CCC(Cross-Cultural Communication)です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sent: Tuesday, May 08, 2012 9:19 PM
Subject: つくばの竜巻


先般のつくばの竜巻の日、思い起こせばこちらも夜のように
真っ暗になり、雷も鳴ったものでした。
「自分は社会と共にある」を自任する私ですから、
今日の昼、仕事の合間を縫って現場を見てきました。
多くの報道関係者、行政の担当者、ボランティアそれに
折れた電柱を替え、送電を確保する東電の関係者で
ごった返していました。
竜巻は田んぼの泥や家の土壁を巻き込んで吹き荒れるため
被害地域は全壊、半壊の家もすべて泥だらけでした。
大きな木が倒れたり電柱が折れていたりで、瞬間的には
相当な風が吹いたものと思われました。
去年の大地震を経験した日本ですから被害者も比較的
冷静な感じでした。

写真を枚添付します。

ono 1.JPG

ono2.JPG Photos by K.Ono

----- Original Message -----
Sent: Wednesday, May 09, 2012 10:22 AM
Subject: RE: つくばの竜巻


> 貴重な写真ですね。被害に遭われた方にはお気の毒でお見舞いを申し上げなければと思
> います。
>
> 今から20年程前のこと私共のアメリカの工場がアラバマ州ハンツビルと言う処にあ
> りましたが町がトーネードに 襲われました。
>
>私はNYに居たのですが数日間連絡が取れず空港も閉鎖、空港が再開後
> 早速現地へ行ってみると
>
> 町の中心部が丁度道路建設中のように大きく削り取られ小高い山の木をなぎ倒して通
> り過ぎた凄まじい傷跡を見たことがあります。
>
> 数十人の死者を出しテレビでも大きくとり上げられましたが幸いにも工場に被害はあ
> りませんでした。
>
> その時のエピソードがいろいろあるのですが何かの機会にご披露したく存じます。

----- Original Message -----
Sent: Wednesday, May 09, 2012 9:27 AM
Subject: Re: つくばの竜巻


貴重で鮮明な報道写真を送付頂き有難うございます。
これもまた未曾有の災害ですね。

どうも地球自体が人類に対し怒り、警告を発して
いるかの様に思われます。

それにしましても行動力には感服致します。
posted by Nina at 20:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3461)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)