2012年01月31日

Bonsai

NHKクローズアップ現代を見ていたら、海外でのBonsai人気について、さいたま市盆栽美術館でのインタビューやら、高松の盆栽農家の取材でした。

ヨーロッパでは1970年頃から、「BONSAI」が相当な人気になっていたそうです。このところ、日本の愛好者が減る現状があって、盆栽の産地の高松では、栽培農家が激減してきているため、英語の達者な宮地さんは、高松の盆栽市場の起死回生を欧州への輸出に賭ける。今や、彼の地では欧州産の木を盆栽に仕立てることも一般化してきているというはやりようで、オドロキももろきだった。ミラノの花屋は盆栽屋さんになっていたりという状況だとかで、オシャレなフランス人同様に盆栽にはまっているらしい。

盆栽は、小さな鉢植えの木から自然の美しさを鑑賞する日本の伝統的な芸術、それはとても奥が深いもの。 五葉松、黒松、真柏などの松柏盆栽があれば、梅、紅葉、ぶな、かえで、けやきなどの雑木盆栽もある。木の種類、更にスタイルがあって、石付き、石無し、別途、協会に認定登録されている”貴重盆栽”という呼称があったりと、多種多様。お金もかかるし、手間もかかると年より臭い趣味だと見放されてきた、というか盆栽をおける庭がなくなっているのが現状。オープンガーデンというか、はっきり言って今や庭らしい庭がないのだ!昔は迎え松を入り口に植えたりなど、しおらしい事をしていたけれど、そういう情緒は解されなくなって来ている感じです。

ところが、今や欧州では大人気であり、遠い日本にも海外から多くの人々が盆栽美術館などに鑑賞に訪れているというのです。 それだけでは飽き足らず、盆栽家の家に英国、ドイツのお弟子さんも徒弟として修行しているとのこと。「詫び・寂び」を理解しようとの外国人が出てきたということのようですが、私たちはひたすら横文字文化に憧れ、ウイーンフィルを聞きにいくとか、パリコレに行こうと考えるが、海外からは東京ガールズコレクションにくる人とか・・・。文化はスパイラルに興隆(交流)するのが、世界の平和へと繋がるので結構な事でしょう。
 
東京都美術館に於いて、第83回「国風盆栽展」というのがあって、
昭和9年初開催と歴史も古い。 社団法人日本盆栽協会 主催。全国の盆栽愛好家からの応募の中より選ばれた200席を超える出展と、宮内庁をはじめ、特別出品4席の269の出展。
入選盆栽の中から特に優れた盆栽に{国風賞}が授与。

なんと、皇太子殿下がも2008年にスペイン万博で視察に訪れた際、由緒あるマドリッドの王立植物園にも寄られ、盆栽コーナーで、スペインの元首相であったフェリペ・ゴンサレス氏の寄贈した盆栽を見たのだとか。私も、同じ時期にマドリッドに行きましたが、行き先は女性会議、知っていたら目と鼻の先の植物園に行ったのに・・・。気候の違うスペイン・マドリードの植物園に、盆栽愛好家のゴンザレス氏の盆栽が数十点が保存されているのだということです。イタリアでも、プレゼントに盆栽が喜ばれ、盆栽パーティーまであるとか、私たちの文化は海外でより評価され再生されているようです。

柏市には、姫柿(プリンセス・パーシモン)を栽培する有名な園芸農家 http://www.himegaki.jp/about1.html  がおられる。小さな柿の実をつける盆栽で、様々な色と形の柿に種類があって楽しい。値段も張るけれど、だから価値も、芸術性があり、ファンが多いのだそうです。地球サイズに、地域を見直すとビジネスチャンスも生まれるのではないでしょうか。「市議会議員に、地球サイズは要らない」などとよく言われたものですが、地域の明日を考えるには新たなチャレンジも必要ですよね。 

posted by Nina at 21:03| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)