2011年09月15日

東電成田支社、有機農家が東電に申し入れ

有機農業が盛んな千葉県の北総地域の有機農家等30人が8月30日、福島第一原発事故によって2割から5割の売り上げ減少したとして、東京電力成田支店に損害賠償請求書を-提出しました。
 
今回の賠償請求は、3月から7月までの5ヶ月分で16の農家と出荷団体の減収など、およそ1億34万2千円。また、今後、原発事故の結果生じたあらゆる被害を補償するよう-申し入れをしました。
 http://www.youtube.com/watch?v=V3J6xB_HAnc&NR=1

このあと、成田市長の小泉一成市長のもとを訪れ、有機農家としての取り組みが出来なくなったなどの被害を訴え、実態調査を行うとともに食品や土壌の測定体制を確立するよう求めました。

「有機農家で誇りをもってやったきたが、この事故で100%安全だと胸を張れなくなって辛い。」
「農家になったばかりの若い農業青年も前途多難となった。」
「このうえは自然の再生可能エネルギーに転換して欲しい。」
「まず、東電は農家を回ってお詫びをするべきだ。」
posted by Nina at 12:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)