2011年06月04日

住民による子どもを守るプロジェクト

「那須を希望の砦に」 という住民運動による 放射能汚染に立ち向かう親たちの地域プロジェクトがスタートしていました。

 このところ、原発による退避を迫られた被災地だけでなく、放射性物質が飛来し、その累積があちこちで気にされ出しています。
「この地に留まって乳幼児の安全を守れるのだろうか?」、「校庭で子供を遊ばせていて大丈夫だろうか?」という懸念が父母、祖父母の間にも拡がっています。教師には「体育、プールはどうなのか?」、農家は「地元米に風評被害が起きないか、野菜を栽培しても出荷できるのだろうか?」と先々の不安も出ています。

  そこで、那須では、住民も行政任せにせず、お金を出して、住民が放射能レベルを測定して分析をしていこうとの呼びかけがされ、動き始めています。このプロジェクトは「那須を希望の砦にしよう!」と名付けられ5月スタート、大人たちが連携して、乳業、観光の地域を風評被害を最小限にするよう支え合いを目的にしています。

「空気も水も野菜も牛乳も・・・みんな測ってしまいましょう。大勢の住民が力を合わせれば、それができます。どれくらいの放射能レベルなら本当に安心できるのか・・・みんなで勉強しましょう。根拠に乏しいデマに脅えていては子供たちを守ることはできそうにありません。安心できないレベルが検出されたらどうしましょうか?・・・みんなで考えて、できることは全部やってみましょう。行政サイドも放射能問題に全力で取り組んでくださっています。ありがたいことです。連携プレーで臨みましょう。住民が主体になって本当に安全で安心な地域にしている・・・この姿は他の地域の人にも伝わって、勇気と希望をプレゼントできるかもしれません。多くの人が安心して那須を訪れてくださるかもしれません。」との呼びかけています。

 放射能から脅えて逃げるのではなく、きちんと立ち向かうことによって、子供たちの安全を守ることが出来るようにしたいと考えているのです。本当に安全で安心な町にしたいと大人たちが子供の為に立ちあがったのです。まず、協力者を募って基金を集めて放射線測定器を多数購入、もちろん測定のための訓練された住民になるべく勉強会をするそうです。しっかりした根拠にもとづいて判断できるように、勉強会を重ねる。行政(国、県、市)に安心できない場合には、できるかぎりの対策をいろいろと提言し、行動するのです。 住民がしっかり目を見開いて事実を直視し、みんなの努力で本当に安全で安心な地域にしてみようとの決意をしたのです。地域住民が本気になって取り組み出して、連携がされて、不安解消にもなって、うまく進みだしているとの事です。 
 我孫子でも出来るはずです!行政も頑張る、そして住民も頑張る、時がきたのです。 



posted by Nina at 08:07| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3701)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)