2011年04月17日

放射能測定器

娘の友人がロシアから来るので、ガイガーカウンターを買ってきてもらうように頼んだ。
ロシアでは、チェルノブイリ事故から25年になるが、モスクワでは一般家庭でも放射能測定をするような状況が日常になり、学校などもヨウ素剤を置くようになっているそうだ。買ってきてもらった放射能測定器は、RADEX RD1503 で、もちろん日本でもインターネットでも注文できるが現在は注文が殺到し手に入るまで待機状況で値段も9万円超につり上がっている。

P4101392.JPG

これで、あちこち測定してみたところ、同じ市内でも室内、屋外でもほんの3メートルばかり場所を移動するだけで値が変化する。同じ場所でも風向きで、日々、値は変化する。下記は、我が家のリビングで計った本日の数値で0.27マイクロシーベルトとなった。エスパにも持って行って計ったところ、大きな建物の中は0.02マイクロシーベルト程度だった。大きな建物の中なら多少ましなのが分かったが、一戸建てとなると室内でも屋外でもほぼ同様の数値となった。大地震によって、暮らし、環境、考え方も大きく変わった。地震の余波が相変わらずに続くなかで、災害地では復興へのたいへんな努力が続けられ、今も福島原発の作業が続く。
          
            頑張ろう、日本!

posted by Nina at 01:33| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)