2011年03月20日

市内巡回で感じたこと

昨日は、温かい一日でした。被災された若松地区周辺や知り合いの方など数件をお訪ねしました。すると、「私たちは戦中派、モノのない時代に育ったから大丈夫、出来たら東北地方で寒い思いをしている方たちに何か役に立つものを送って差し上げたい。それで、地震の後片づけをしながら、不要になった衣類を整理して段ボールに梱包し我孫子市に支援物資を送りたいと申し出たら、そんなことの受付はしていないとけんもほろろだった、がっかりした」と訴えられました。

特に被災地における必要な品は、下着、靴下、毛布、暖かい衣類、食品では、米、パン、缶詰、カップラーメン、飲み物などだそうです。
まだまだ行方不明の方がたくさんいらっしゃるし、原発の事故の影響に震えている幼児を抱えている家族、特に妊婦さんは心配でたまらないことでしょう。「被災した親戚が宮城から出て来ているのだけれど、地元行政で支援をしてもらえなのか」という方もおられます。もし、空家住宅や空社宅で避難者の受け入れを行える方がいたら、提供を受けてマッチングしてはどうでしょうか。県に掛け合って、今年度で閉鎖が決まった湖北高校を東北の被災者の臨時避難所に提供が出来ないでしょうか。国家的な危機にあったのですから、県教も規制緩和で被災者特区として廃校になった校舎を非難所に当ててもいいのではないですか?

また、ある方は「ホームステイを受け入れた事があるので、数人なら災害避難者の受入れを行いたい」、と言われておられました。「今回の災害のことで、ボランティアするから登録したい」「各自治会の了解を得て、街灯、公園ライトの節電をしてはどうか」との申し出もありました。市内から、もっと大変な東北の人たちがいるのだからと思うのかもしれません。

何かしてあげたい気持ちが一杯なのに・・・・。


続きを読む
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3393)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)