2011年03月01日

公示と告示

選挙はこれまで、一般の人には投票に行くだけの意味でしかなかった。しかし、戦後半世紀における自民党政治から、政権交代という歴史的な事象が実際に起きて、これは、私たちみんなにも政治という民主主義の手法が手にとりやすくなってきたという事ではないだろうか。

4月1日は県議会選挙の告示日です。このところ40%にも満たない投票率で、千葉県議会議員95人を選ぶ選挙ですが、ぜひ投票に行っていただきたい。今回、戦後初の自民党の過半数割れがあるかも知れないとマスコミも千葉県議会への投票動向に注目しているのです。一党が席巻していた議会ともなると委員会での議論も無用、密室政治もまかり通っていた。我孫子市とは大違いの金権千葉の県議会、県庁の体質を変えて頂かないとまじめな我孫子市民の県民税が思わぬ使われかたになってしまいます。

ところで、政治、議会用語には古色蒼然とした専門用語がまかり通り、私たちみんなを煙に巻いてきた。 菊のカーテンならぬ、雲の上のおエライさんのいる国会で先生方が難しそうな話をしているところが国会で、先生方と簡単にお会いすることも出来ない相談だった。ところが、この頃はインターネット中継や議事録検索で市民は簡単に議会にアクセスでき、先生方の言動をチェックできるようになってきた。選挙のお約束、お願いして終わりではなくなった。それでも、公職選挙法はなんとも分かりにくい。候補者の公約というものも、その時だけの効かない膏薬だからと最初から効能を話半分のように差し引いたものだった。マニフェストに変わると分かり易く、実行されるのを目の当たりにできるのかと多くが期待しところだ。
 
増税の前にやるべき事がある!借金漬けにならないよう、やるべき事がある! そう、みんなの党・我孫子は、まず県議会議員選挙関心を持っていただく、投票に行っていただくことをお願いします。

続きを読む
posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3390)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)