2011年01月28日

予測不可能な国会

国会中継を見ていたが、と70歳超の方から下記のようなコメントがメールされてきました。
みんなが政権与党の一挙手一投足に不満、不安感を覚えているようだ。

新年度予算は地方財政にも大きく影響を与える。昨年は、事業仕分けで揺れ、そして
今年は今年で、統一地方選がその先に控えている。一寸先は予測不可能な事態としか
いえない。


-------- Original Message --------
Subject: 国会質問
Date: Thu, 27 Jan 2011 17:03:26 +0900

国会中継で志位局長の質問を聞きました。消費税引き上げに反対してくれたことを評価し
ます。逆累進課税の典型である消費税ほど低所得者を直撃する税制は他にありま
せん。消費税を10%上げるなら、年金を同時に10%上げてもらわなければ、
高齢者はたまったものではありません。【デフレだ、消費者物価指数が下がり続
ける、などという、政府関係者の詭弁】を粉砕していただきたい。消費者物価指
数に取り入れられる商品構造に問題があるのであって、野菜・肉類・魚類などは
価格が上がり続けており、車や大型テレビの価格が下がることと貧困者の日常生
活とは無縁なものです。

財政の基本は【入るを計って、いずるを制する】のです。子供手当てや高速道路
料金の無料化など、人気取りの無駄遣いを放置して、恒久財源もないものです。
税の引上げなら、企業に与えられる各種の補助金の削減、年収1,000万円以
上の個人に対する所得税の増税、ODAや国連・IMFなどへの拠出金の削減など、
GDPに見合った国際協力を行なうべきであって、国連安全保障理事会の常任理事
国でもない日本が分不相応な献金を続けるべきではありません。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)