2011年01月27日

韓国留学生と語り、柳宗悦・兼子の史跡を巡る

 「近くて遠い」国であった韓国は、近年極めて身近な国になりました。両国の友好を深め、確かなものにするために、市民の相互交流により個人的な「きずな」を持つ事が大切だと思います。 我孫子は日韓友好の先駆者でもある柳宗悦・兼子のゆかりの地です。この街で、韓国留学生との交流を深める催しに参加しませんか? 

1.日時  2011年 2月 19 (土) 1330 より(4時間程度)

 
2.会場 我孫子南近隣センター多目的ホール
                    (
我孫子駅南口けやきプラザ9階  
         及び我孫子市内の
史跡

3.参加費  学生 300円   一般 500円
 

4.内容   少人数グループに分かれての交流(歓談)会
  
     手賀沼周辺のフィールドワーク (講師 越岡禮子)
 
       ★三樹荘・嘉納治五郎邸など探訪し、17時頃解散
       ☆雨天等の場合変更あり)
 
 

問合せ先・申込先
  
参加人数把握のため、なるべく事前の申し込みを下記へお願いします

主催  我孫子カルチャー&トーク  
                                吉田 幸夫 (080-3159-0213
                   
共催  柳宗悦・兼子の碑をつくる会・千葉県日本韓国・朝鮮史研究会    
                               佐々木正行 (090−8495−8834)  
                                 
                                                                             
posted by Nina at 14:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3503)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)