2010年07月01日

参議院選挙の特徴

 参議院選挙は3年ごとに半数の121議席の改選し、比例代表制48議席と地方区制73議席の選出を行います。間もなくの7月11日が投票日です。
 
 第19回通常選挙(平成13年)より、「非拘束名簿式比例代表制」に変更されました。比例代表で、政党名または候補者の“個人名”を書けるのは参議院選挙(非拘束名簿式=党内の候補者順位を前もって決めない。候補者の“個人名”の書かれた数で党内順位が出て当落が決まる)の特徴です。ちなみに、衆議院の比例代表制は平成8年に導入されてから、ずっと政党名のみの記入だけです。もうひとつの違いは、衆議員選挙では小選挙区制と比例代表制に重複立候補がされるので、惜敗率によって党内候補者順位に従って復活当選の可能性があるということです。

 比例代表制は、まず政党の獲得総数によって議席の割り当数が決まってきます。参院選挙の場合、政党+候補者名の書かれた票数をカウントし議席数が割り当てられます。書かれた候補者の個人名で票数の多い順に当選ということになります。参院選挙では、候補者の個人名を書くことで候補者の当選の確率を高められらますが、知名度の高い候補者が当選しやすいとも言われる所以です。投票用紙の記入の際には、地方区と比例代表のそれぞれの投票用紙に候補者の“個人名”が書ける事をお忘れなく!

 参院選の運動期間は17日間(衆院は12日間)です。期日前投票は、その選挙の公示日の翌日から選挙期日の前日(土曜日)まで行われます。我孫子市では、市役所ロビー、けやきプラザ(8F)、湖北公民館、ふさの風にて受け付けています。会場によっては、夕方7時、8時ころまで対応しますが、日程・時間が違います。HPなどでお確かめの上、投票整理券を持って、お出かけ下さい。

 新内閣、初の参院選挙である大切な選挙です。11日、または期日前に必ず投票に行ってください。

               期日前投票の詳細↓
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/19,64443,83,html


 *「公示」というのは、天皇の国事行為としての承認を得ている衆議院の総選挙と参議院の通常選挙  
   で用います。それ以外の選挙(国政選挙の補欠選挙も含む)は公示ではなく「告示」です。


posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)