2010年07月30日

一筋に続けて

うだるような暑さが続いて、いつも頼んでいる印刷屋さんのお兄さんが入院した。娘の彼氏も、入院したとか聞いた。こんなに暑いから、80歳を過ぎた母にはさぞかしだろうと思って、久々に娘たちと訪ねていったら、意外に元気溌剌だった。ピアノの発表会を終えたばかりだったからだろうか。ムーンリバーまで弾いてくれた。相変わらず、車を運転して、ピアノのレッスンに行っているんだそう。その他に油絵を描き続けているので、今や私が描いた数より多くなっている。どこへ行っても、元気で頑張っている、偉い、偉いといわれるんだそうで、あっちこちで引っ張りだこだ自慢する。リビングにはランニングマシーンが置いてあるが、あれはとうの昔に飾り物なのだろう。入退院を繰り返すけれど、復活してはまた、なんだかんだと習い続けて、楽しんでいるようだ。戦争をくぐりぬけてきた人だから、出来が違うのかもしれない。今年の夏で、戦後も65年だ。また、船橋屋の葛もちを送ろう。

なつかしい味が変わらずにあるというのはいい。しかも、ホームページを見たら江戸時代に千葉から出てきて江戸で創業したのだというのを初めて知った。亀戸に本店があって、船橋屋とは?不思議だったけれど、あれだけ美味しい葛もちはないと思っていたから通販でも頼めるだろうとネット販売のことが分かった。が、ほんとに正真正銘の元祖だった。なるほどである。葛もちの弾力がさらっとしており、上品で優しい味わいで、かける黒蜜が絶妙のトロミ具合だし、キナコもきめ細かでそこはかとなく香ばしいく、さすが船橋屋だ。たかが葛もち、されど葛もち、葛もちに一筋に打ち込んできた店というのもいいなあとおもう。一つのことをやり続けて一生懸命に丹念に取り組んでいるから支持され、多くが認めている。そういう味だからで、まったく宣伝しないのに、しっかりとファンが支える。ちょっとの違いかもしれないけれど得も言われぬ違いで他にない味わいだ。 まさしく、300年近くの歴史に培われてきた。戦争を乗り越え、バブルを乗り越え、これから先も人から人へとそっと大事にされるのだろう。安くて美味しい庶民の食べ物だ。だから、宅配にすると宅配料の方が高くなる勘定だ。でも、病気の友達に送ろう。優しい味がきっと元気づけてくれ、暑さを乗りきってくれるのではないかと思う。

 

posted by Nina at 01:10| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

我孫子は農地保全をどうするか

手賀沼は我孫子のシンボルであるというのは誰もが認めるところです。水辺と周辺を囲む田園の緑の景観が憩いの場になっています。22日、北柏駅での駅頭活動を早めに終えて、北柏の墓地紛争の周辺の住宅を回り、そのあとに根戸新田へ向かった。このあたりの農地の保全と活用について、農家数件と20年近い協議が続いているが、一難去ってまた一難で解決をみない。8時だが既に猛烈に暑い。農家のおじさんは早起きだ。枝豆の収穫し、どんどん手作業できれいに一つ一つ束ねる作業をしながら、私の話を聞いてぽつりぽつり話をしてくださった。根戸新田の農地は全国初の自治紛争処理にかかっている。今月にも、県のなんらかの回答が出るらしいとの話でもある。
 
PB120305.JPG

午後に、柏・東大キャンパスにある、新領域創成科学研究科・環境学研究系の緑地環境計画の専門家の横張真教授を訪ね、先日の女性議員たちと都市近郊の緑地活用の勉強をしてきました。結論的には、時代の変化にこれからどう対処するのか、あらゆる分野の横断的な研究によって解決をこころみるが、決定的な解決法がやはり地域が答えを見出すしかないということだと気がつかされました。

右肩上がりの成長がもはやないように、単純な解決などもないのです。環境生活常任委員会委員となった当時から時折、根戸新田の数件の農家にもお話を聴きに寄っていますが、誰よりも土地を大切に維持されてこられた方達です、一足飛びの解決法など期待してはいない。が、しかし農地をどうやって維持するのか切羽詰まっておられます。現場に足を運び、話をよく聞いて、精一杯の努力をしていくしかないのだろうと思う。P6180802.JPG

横張教授のお話によると、これからの農地は一次産業と言うよりはサービス産業であるとの位置づけをすべきで、それによって戦略が練れるとのことでした。ウイーン(120万人)のクラインガルテンの例をお話いただいた。ことの始まりは、停戦後の帰還兵の自給生活支援、工場労働者の生活支援でした。日本の遊休農地を賃貸している市民農園とは形式が違って、滞在も可能な緑のリゾートです。思い思いに野菜を作ったりで、チグハグな耕作となるのではなく、緑が際立ったガーデニングエリアという形式で、宿泊滞在が可能だ。緑地は、都市施設として整備されるべきだとの考えです。今後はアバート、マンションも余りだす、駅から遠い高齢化地区の住宅は縮退し、空き住宅地で歯抜け状態になり土地デフレになると予想される。今からその対策も計画しておく必要がある。

世田谷ではヨーロッパ型のクラインガルテンがある。笠間にも、クラインガルテンの取り組みがある。2020年問題で、生産緑地の年度もきれるので、市が買い取る以外の方法が検討される。柏では、緑の基本計画として「貸し庭プロジェクト」を進めている。職員の南条さん(東京農大)がリーダーシップがとっているとのことであり、教授もその協力に力を入れているということだ。やり方としては、空いている土地を貸すための養子縁組を市が取り持つ。特に団塊の60代は土に触れる要求が強い。そういう方たちの力を借りてと宅地の中に農地・緑地を埋め込んでいく、未来型のプロジェクトだ。セブンイレブン店先での緑の基金の取り組みでは、都内だけで年間で2000億円の寄付を集めているという。それを聞いて、議員たちは基金を募るということもこれからは大事よね、と口々に、財政難の状況だ。

農用地除外問題とは・・・
posted by Nina at 01:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

柏・国立癌センターを視察

●3人に1人がかかる病気
3人に1人が癌で亡くなる時代だと言われます。今、年間の死亡者100万人のうち34万人が癌であり、現状の癌患者はその倍と考えられるそうです。アビスタの図書館でも、癌に関する本が1/3くらい貸し出しになって、ほかの書架と違っています。我孫子でも相当の数の方が何らかの心配を抱えて借りているのかと気付かされて、改めて驚きました。

P6110792.JPGそこで、14日に柏にある国立癌研究センター東病院に視察を申し入れて数人の女性議員といってきました。開門間もないのに駐車場は一杯でした。院長先生、緩和ケアの医長先生が対応くださり、丁寧な説明を下さいました。やはり、レポートや文献では気付かないことを聞ける、議員の特権はこうした視察です。駐車場は当初300−400人を想定して作ったが、その倍、多いときは日に1900人が来るようになってしまったとの様子からも時代を象徴しています。全国に4拠点ある緩和ケアのサポートセンターの一つが柏の東病院なのは、心強いところです。柏、我孫子、流山を中心に対応するので、我孫子は非常に恵まれた立地だと思いました。今回のように、医療現場の先生方のご苦労を知った点でも、目で読んで終わる文書ではわからない、視察に行く意味は大きいと思う。

●癌への対処
癌に対する技術の進歩もあるが、現状の病床数からすると増える患者に対応するとしても病院の受け入れも短期になっている。以前は40日から半年だったのが、最近は2週間くらいという事だった。千葉県は、全国比較しても癌に対応する病床数が少ない県です。もっとも、30年前までは自宅で亡くなる方は半数だったが、今は14%ぐらいに減っている。癌患者の方の59%が自宅での最期を迎えることを希望されることからしても、自宅での治療ができる体制を地域の中につくれるようにする必要があるとのことでした。日本は先進国の中でも病院治療、入院に頼る状況が多い(なにぶん、団塊の世代が高齢化、そして少子化ですから、多様な問題が山積み)。核家族化で近隣に支える親族、頼れる地域の支えが見出しにくいことが、自宅より入院を選択することになるようでした。包括支援センターの限界があるとしても、やはり癌患者、ご家族へのサポート体制を早急に構築すべきです。幸いに柏には、癌の専門のプログラムで家族総合支援センターもあります。あまり知られていないので、利用者が少ないので行政としても情報提供をしていくべきでしょう。先生方は、皆保険のシステムを維持できるようでありたいと力を入れておられました。他国(英国、米国の例を話して頂いた)では医療費が高いので治療が受けられないこともあるのだとか。そういう点では、日本はやはり国保の仕組みを大事にして、滞納が増えてしまっている現状には市民の理解を進め、徴収努力は欠かせないと思います。

P6110794.JPG
続きを読む
posted by Nina at 14:14| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

参議員選挙の投票率、我孫子はベスト3!


参院選の結果が確定した。国政選挙が終わったので、今週から通常のように駅頭活動を開始するが、今朝も出したらとたんに雨に見舞われていつもの半分で戻ってきた。選挙期間中は、書類の整理、調査活動の準備、原稿つくりに明け暮れていた。今週は、女性議員らで柏・国立癌センターに緩和ケアとホスピス視察、来週は東大柏キャンパスの都市緑化の先生にお話を聞きに行くことにしている。我孫子の市民生活に寄与する視察にしたいと考えている。それにしても、我孫子と比べて柏には国の施設がほとんどそろっているから羨ましいというか、有り難い。

さて、政権交代後初の国政選挙だったが、投票日に各地で天候が荒れたこともあり全国的には投票率は高まらず、前回‘07年参院選の58.64%を下回った。千葉
県内の投票率は全国平均より更に低い54.85%だった。 それでも、我孫子市の投票率はいつも県、国の平均を大きくる上回る。今回は、60.20%(県内ベスト3)であった。過去には70%前後だったことからするとこれで良しとは言えないが、地元の柏から民主党の道あゆみ氏が出馬していたことが、関心を高めた理由の一つとも言えよう。今回の我孫子の男性の投票率は千葉市美浜区についで県内ベスト2で、女性は白井市、千葉美浜区に次いでベスト3で、全国と比較しても男女とも政治への意識が高い街と言える。

我孫子市民はモラルの高い住民が多いと、関係各所で評価を聞くことが多く有難く思う。特に選挙では、年々どこも関心が低下するとの嘆きを聞くので、そういう点で当市で議員の活動を続けられていることは至極感謝です(例外は’07年の市議選で、投票率は歴代の市議選で最低の投票率となっていた)。因みに、柏の参院選投票率は、55.04%ですから、市民の政治関心度は我高柏低です。資料によると、
我孫子での比例区の投票結果は、民主党22,511票、自民党14,112票、みんなの党11,542票。本当のところ今回の参院選で与党・民主党の大敗、自民党の復活劇は誰も予想をしていなかった。今回、結成一年にならない「みんなの党」が、首都圏の神奈川、東京、千葉で議席を獲得し、参院で10議席となったことが注目された。しかし、ねじれ国会の様相は避けられず、政策の進展が難しくなり、国際的にも更に政治力が弱まりそうです。
 
賢明なる我孫子の皆さまには、市政、県政、国政への関心をお寄せいただくと共に、地球サイズにご一緒に考えて頂きたく、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by Nina at 14:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

日本のワンガリ・マータイ、滋賀県・嘉田知事再選!

滋賀の嘉田由紀子氏が、自民党候補の2倍以上、滋賀県政史上最多の約42万票を得票して再選した。4年前に、現職知事に対抗して出馬し、女性知事史上、大阪府の太田房江、熊本県の潮谷義子、千葉県の堂本暁子、北海道の高橋はるみに続く全国5人目の女性知事となっていた。最初の知事選では、新幹線新駅反対を「もったいない」を合言葉に、新駅凍結が実現に至ったことから、学者でもある賀田知事は日本のワンガリ・マータイと称されることもある。

参院選と同日選となったことで投票率が61.56%と、前回(44.94%)を16.62ポイント上回ったこともにつながったが、やはり4年間の嘉田さんの実績が滋賀県民に大きな信頼をもたらし、再度、信任したことがよくわかる。

新幹線新駅の建設やムダなダム計画を止め、新駅凍結の代替案としては環境関連の企業の誘致を進め、2009年11月、ジーエス・ユアサコーポレーションが新駅予定地跡地に電気自動車用リチウムイオン電池の新工場を建設する計画が明らかにした。嘉田氏は「電気自動車用の電池工場の誘致に成功した」「400億円の投資と800人の雇用が見込まれる」として、セールス・ウーマンとしてもその力量をみせている。自らの言行で若い人たちにもきちんと未来を示せるっていうのは、ほんとにかっこいい女性、ハンサム・ウーマンだ。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

女性と選挙

   参議員選挙のさなかなので、出歩く先のあちこちで選挙の掲示板をみます。たまたま、女性議員仲間が都内比例区で立候補したので、国政選挙について色々と知りました。
 DSC01060.JPG                                                    選挙に出馬するためには、供託金という所定の金額を納めます。当選、あるいは一定以上のライン(供託金没収点)以上に達しない場合は全額没収です。これはタレント的な売名行為や他の候補者への選挙妨害を目的とした立候補の乱立を抑制のためとされてされてきました。因みに市議会議員の場合、供託金は30万円で、これでも女性が候補者になるにはハードルが高いと思ったものですが、衆・参院の供託金は選挙区では  300万円、比例区600万円だそうです。


 イギリスが供託金の発祥の国だと言う事で、いくつかの国でも行われていますが、いずれも日本の供託金に比べ小額、些少です。米国、ドイツ、イタリアなどに至っては選挙の供託金制度がないそうで、フランスでは供託金約2万円が批判の対象となり1995年に廃止されています。

参院.jpg 他国の実情は分かりませんが、日本では当選者はチラシ代、ポスター代、選挙カー・公選はがき代を公費負担として申請できることになっています。しかし、一定の得票がされない候補者は自費負担です。ちなみに、市議は公選はがき2千枚、参議員比例区の公選はがきは15万枚まで公費負担され、これだけでも彼女は印刷代に50万円位かかったのでしょう。大政党であれば、ポスター代、リーフレット代も党の関係印刷所でコスト軽減、政党からの援助も絶大で運動ができるけれど彼女は自前で頑張っている。しかも都内だから事務所代も相当な額のはず、政策を伝えきって是非とも当選して活躍してほしいと願ってしまう。

 海外では、このところ女性に割り当てる議席数=クオーター制を採用する国もあるから女性が政界に入り易くなっている。日本の選挙には男女の別はまったくないし、供託金が世界一高額というのは経済的に弱者である女性には足かせです。しかも参院選の運動期間は17日間(市議選7日)で、何と以前は25日間だったとか。暑いさなかの男女混合トライアスロンの様相です。

 このように調べてみると、世界比較して日本の女性議員が少ない理由を理解できます。ところが、保守的と言われる韓国、カトリック国のフランス、スペインでも選挙制度改革して、女性議員数が増えました。なのに政権交代後の日本では、議論すらも出てこないのが残念です。これまで、専業主婦が多かったので実生活では男女の経済格差(家の名義、通帳の名義などはほぼ夫です)に気付かず、しかも日本の女性は相対的に政治に関心が薄いのではないかと思えます。中国、韓国の女性ほどにも声を上げることがないので、遅々として変革が進まないのかと思えます。


 もっとも、最近の日本の状況を見まわしてみると、若い男性は女性の生活費まで負担できると思っていません。先々、子育て・ローンなどに係る費用も女性の経済力があって出来るかの状態です。それでも専業主婦になりたい女性が多いとのアンケート結果が出て、海外の女性たちからは日本女性の依存体質に驚きの目がむけられていますが・・・。 しかも国民生活に直結する国会の議席に、女性が1割程度というG-8の国は、本当の先進国とは言い難いでしょう。男女差、人によっても様々な違い、向き不向きはあるでしょうが、海外の女性が達成出来ている事を日本は変革出来てないのか思われるのは残念です。

 ‘07年の世界女性会議で驚いたのは、パワーポイント(PC)を操り、英語で堂々と報告をしていたアフリカの女性たちなどもPhd(博士)でした。彼女たち若い女性学者は当然ながら意識が高く、自律しているし、学問をするだけでなく自分たちで国を変えていこうとの行動力も感じられました。政治の「裏」に女ありなどと言わたが、生活に政治の影響が大きいと分かる人が政治の「表」に出てきている。どこの国も教育によって人材が育ち、国の発展が成されていきます。戦後から65年、日本では女性の能力活用においてどうだったでしょうか。男女役割分担で「男は仕事、女は家庭」できたものの、男性の過労死、自殺率が高いのをみても社会にツケを残した気がしてなりません。


 さて、インターネット選挙解禁の法律は新政権下でも見送られ、選挙中の候補者ブログやHPの更新はできないままです。米軍基地普天間移設などでは沖縄の地方自治を紛糾させ、例の「温室効果ガス25%削減」を盛り込んだ地球温暖化対策基本法案、郵政改革関連法案、国家公務員法改正案など参院に送られていた法案は、参院選日程が優先され廃案になりました。今のところ、民主党マニフェストでは子ども手当を実現、そして次は消費税を含む税制改革でしょうか。いよいよ来週には投票日です。女性の大臣が半数を超えたスペインや、女性の議員が地方議会の半数になったフランスでは投票率が70%です。国民みんなの“選択”によって、日本を“洗濯”する国民主権の政治にするよう、是非とも投票率が高くなることを願っています。

posted by Nina at 08:50| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

参議院選挙の特徴

 参議院選挙は3年ごとに半数の121議席の改選し、比例代表制48議席と地方区制73議席の選出を行います。間もなくの7月11日が投票日です。
 
 第19回通常選挙(平成13年)より、「非拘束名簿式比例代表制」に変更されました。比例代表で、政党名または候補者の“個人名”を書けるのは参議院選挙(非拘束名簿式=党内の候補者順位を前もって決めない。候補者の“個人名”の書かれた数で党内順位が出て当落が決まる)の特徴です。ちなみに、衆議院の比例代表制は平成8年に導入されてから、ずっと政党名のみの記入だけです。もうひとつの違いは、衆議員選挙では小選挙区制と比例代表制に重複立候補がされるので、惜敗率によって党内候補者順位に従って復活当選の可能性があるということです。

 比例代表制は、まず政党の獲得総数によって議席の割り当数が決まってきます。参院選挙の場合、政党+候補者名の書かれた票数をカウントし議席数が割り当てられます。書かれた候補者の個人名で票数の多い順に当選ということになります。参院選挙では、候補者の個人名を書くことで候補者の当選の確率を高められらますが、知名度の高い候補者が当選しやすいとも言われる所以です。投票用紙の記入の際には、地方区と比例代表のそれぞれの投票用紙に候補者の“個人名”が書ける事をお忘れなく!

 参院選の運動期間は17日間(衆院は12日間)です。期日前投票は、その選挙の公示日の翌日から選挙期日の前日(土曜日)まで行われます。我孫子市では、市役所ロビー、けやきプラザ(8F)、湖北公民館、ふさの風にて受け付けています。会場によっては、夕方7時、8時ころまで対応しますが、日程・時間が違います。HPなどでお確かめの上、投票整理券を持って、お出かけ下さい。

 新内閣、初の参院選挙である大切な選挙です。11日、または期日前に必ず投票に行ってください。

               期日前投票の詳細↓
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/19,64443,83,html


 *「公示」というのは、天皇の国事行為としての承認を得ている衆議院の総選挙と参議院の通常選挙  
   で用います。それ以外の選挙(国政選挙の補欠選挙も含む)は公示ではなく「告示」です。


posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)