2010年03月24日

3月議会、新年度予算を決定

 3月1日から始まった議会は、これまでに経験したことがない様々なことがおきました。政権交代後の初の予算審議、副市長・教育長の交代人事、人権擁護委員の承認、そして提出議案は議会始まって以来ではないかといわれる数でした。前回の議会から継続の陳情を議会運営委員会(10時開催)で計り、途中で休憩(会派の意見を調整するため)を入れて審議して、お昼を挟んで始まった議運(議会運営委員会の略称)では、採決順序を確認しました。

 今回のような議会日程では、一期目議員であったら往生したと思います。既に行われていた常任委員会では4つの委員会で可否同数となり委員長裁決がされていたので、多くの議案が「原案でお計りします」などと言われていたし、議員各位の意向も絡みに絡み、ほとんどが議案を一つ一つ採決することになった。もちろん、委員長裁決の判断の理由を聞きたいとの質疑も加わって丁々発止であった。質問する議員の再質問もあって、耳をダンボしておかないとならないし、どれも気が抜けない。私の叔父は、「北の家族」に憧れて、退職後に横浜の家を売却して老夫婦二人で北海道に移住して、こともあろうに夕張に家を建てた。公園も閉鎖されている状況だし、公共施設の運営をあきらめるか、利用料金は我孫子の5倍ではきかない。どうするのだろうかと思うと人は窮地に陥るとむしろ腹が座って明るい!? 叔母は、叔父のアッシーで札幌の夜間中学校のボランティア講師に行っている。ブルーベリー、ラズベリー、あらゆる野菜を家庭菜園で調達して、雪の深い冬に備えていく。それでも、車のための道はいいので冬期も講師にいっているのだという、呆れたというかあっ晴れな人たちだ。我孫子だって、財政は厳しいが、破綻は絶対に真似しないで、財源確保をするあっ晴れな町になることを考えたい。

  さて一方で、議員たちには、期間中に連日のように請願/陳情に対して全国の組織的なファックス・手紙攻勢が加わり、すでにファックス用紙がなくなったと閉口する議員もいたくらいで、早い話が組織的なプレッシャーを我孫子市議会が受けていたと言える。まして、33年ぶりとも言われる(一度も値上げをしたことがないので全国一利用料が安価だともいわれる)公共施設利用料金の値上げに対して600超のパブリックコメントを受けての予算審査であって、委員会は連日夜の9時〜10時議会を重ね、皆議員は相当にハイになっていた。将来の我孫子市民の事を考えて”持続可能な財政”を考え続けた。(環境のリオサミットでの標語が”持続可能性”だったので、最近よくつかわれる)

 それらの審議を経て、ようやくの23日が最終採決の閉会日でした。そこへは、やはり陳情・請願に関係した組織的な方々の傍聴も加わって、50人で満席の傍聴席は鈴なり、そして討論の議員9人が入れ替わり立ち替わり、議案の半分について触れる討論でした。これも今までにないような長丁場で、本会場が2時から始められ、各議案と新年度予算を多数可決、請願陳情を審議を終えて、人事を承認し、議会が終わったのは5時半を過ぎました。

 12月に就任したばかりの女性議長もへとへと気味でした。終了後は、市長ら執行部が各会派室を廻ってきての恒例のお礼参り、そのあとは送別会でした(私はたまりにたまった山盛りの家事、事務作業のために一足先に帰りましたが)。

シンボルマーク黒.jpg

 

続きを読む
posted by Nina at 08:47| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)