2009年12月31日

最高を目指して

  今年一年、色々なことがありました。新型インフルエンザ、政権交代、誕生、出会い、分かれ、そして去っていく2009年末、様々なことに思いを馳せます。
 
 年末、マイケル・ジャクソン(以下、MJ)の映画「This is it」を見に行くという娘に、急遽ついていくことになった。レディースデイ(水曜日、千円)の割引券をインターネットであっと言う間に予約してくれた。有楽町の映画館に行くのは議員になって久しぶりだったが、受け付けで予約した券の番号を打ち込むと席の位置がわかる仕掛けになっていたのも、いい体験だった。

  
  期待と共に映画は始まった。MJのリハーサル場面を記録する為のフィルムや、ロンドン公演で使うために制作した映像も合わせて紹介される。MJが単なるポップスターから脱却して、芸術性、哲学的な人生観も加味されたアーティストになっていったことがわかる。この公演は、実は地球市民に環境保全を呼び掛ける意図もあったのだとも知った。あと4年のうちに、まだ間に合うちに取り組もうとメッセージしようとていた。その謙虚な人柄、優しさにも心打たれた。死の直前までリハーサルに明け暮れながら、ステージ裏でも周囲のスタッフに優しい声を掛けたり、相手に気遣いしたり、ダンサーたちにあらゆるテクニックを教えようとしていたことなど、記録映像ゆえに日頃の何気ない会話や気取らない人柄、エピソードを知ることも出来た。

  もちろん、公演を彷彿とリハーサルは音楽とダンスのシーンが大画面に映し出されると、やはり極めつけに凄い。ファンでなくても自然に気持ちが高揚してくる。全く演奏活動をしなくなったMJが本当にファンが納得するライブを行えるのかどうか、50歳になって、どこまで出来るのだろうかと危惧したが、リハーサルでこれほどのステージを作り上げていたのだから講演が実現していたらどんなにかと思う。MJのこだわり、感性、熱意、妥協のない作品をつくる姿勢は、誰も寄せ付けない、サイコーを目指す人だった事がわかる。もし公演が実現されたら、すべてのスキャンダル、疑惑を一切払拭しただろう。

  2009年のカウントダウンのさなかに「皆で、地球を守ろう!誰かがしてくれる、じゃなくて一緒に始めよう!」と真剣に訴えるマイケル・ジャクソンのメッセージを聞くとは思いもよらなかった。もうそのMJはいない。2009年という年に「This is it」を見ることが出来た事に感謝したい。才能のある人を失って、残念だけれど、残してくれたものも大きい。やっぱり頑張らなくちゃ、と思う。 年明けも、上映期間を延長することが決まったそうです。機会を作ってご覧になって頂けたらと、おすすめです。最寄では、MOVIX柏の葉でも上映とのことです。
                                  祈、最高の年!  海津にいな
  PC200557.JPG ご近所さん宅の餅つきで 12月31日

posted by Nina at 15:41| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

メモランダム プルサーマルと米軍基地

2009年12月3日、プルサーマル、朝日新聞 2009,12,3 記事「プルサーマル営業運転」

玄海原発でプルサーマルが初稼動したと 伊藤邦昭・市川雄輝記者が報じています。
表をそのまま掲載させていただきます。

■国内のプルサーマル計画 電力会社 実施予定の原発 開始目標時期
北海道 泊3号機 2015年度までに
東 北 女川3号機 2015年度までに
東 京 3〜4基で検討中 2015年度までに
中 部 浜岡4号機 2010年夏ごろ
北 陸 志賀 2015年度までに
関 西 高浜3,4号機は2010年度、大飯1〜2基、2015年度までに  
中 国 島根2号機 2014年度
四 国 伊方3号機 2010年2月
九 州 玄海3号機 2009年12月開始
日本原電 敦賀2号機、2015年度までに、東海第二、2015年度までに  
電源開発 大間 2014年度


■在日米軍基地の配置表
基地名 所在地 兵力名
車力 青森県 陸軍
三沢 青森県 空軍海軍
横田 東京都 在日米軍司令部、空軍
座間 神奈川県 陸軍
厚木 神奈川県 海軍
横須賀 神奈川県 海軍
岩国 山口県 海兵隊
佐世保 長崎県 海軍
トリイ 沖縄県 陸軍
コートニー 沖縄県 海兵隊
普天間 沖縄県 海兵隊
嘉手納 沖縄県 空軍、海軍、陸軍
ホワイトビーチ 沖縄県 海軍
posted by Nina at 02:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

今年最後の駅頭

   今年最後の駅頭活動は、天王台の北口にした。市役所の御用納めなので、北口駅のエレベーター上部の点検をしておかなくてはと思っていた。エレベーターの軒先に鳩が止まって長いこと鳩の糞がてんこ盛りなので、駅長も困っていると言っていた。ただし、エレベーターはJRの駅舎付随施設に見えても、市の施設なので、JRは手がつけられない。市に何度も言っているのだが、お客さんの衣服にポタリと落ちてクレームが来ていると駅長から指摘された。
DSC01021.JPG
それで、担当課に話をして、12月半ばまでに対処すると言われたが先週もそのままになっていた。もし、今日もやっていなかったら、約束も何もあったものではないと再点検の意味もあって、天王台北口を最後の駅頭箇所に決めていた。さすがに、きちんと処理されていたので、着物で初詣も爽やかに行っていただける。ひと安心して、今年最後の駅頭を終えられた。

  来年は、バスとタクシーの駅前停車位置の調整がいよいよ必要だなあと考えている。これは、バス会社、タクシー会社とJRなど関係者が集まらなくては協議できないので、駅前道路を管理する役所の役割は重要だ。またしばらく、私としては様子見だ。それにしても、役所のやることは遅すぎると思う。政権交代後、市民はスピード感もは期待している。民間では必死になって努力しているのからすれば、この程度の調整は工夫次第で出来る事だと思うが、どうしてだろうか。


DSC01022.JPG
                                                       









posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

Homestay in Abiko

      Abiko city is firstly incredibly full of nature, crossing river along city, surrounded by greenies, and even people in this city are highly hospitable and kind. In fact through Turkish view, Abiko is overwhelmed and attractive. I guess that it is a small sample representing whole population of Japan.     It was my concern with Japan that food and life style which is quite different from mine. However, I didn’t have any difficulties with such concerns while I was there, even when I left for my hometown, I felt that I missed what I tasted and experienced with people in Japan.    

     Additionally, preserving traditional life style is so much impressive for me, because of that I like classic and traditional life. I especially attended tea ceremony three times being very popular in Japan. I was so pleased with exposing to Japanese traditional life. For examples from tea ceremony; sitting on the knee, bowing after each performance, holding the cups differently, tasting homemade cookies and so on. These things I have never seen before are really beautiful, furthermore I strongly suggest for Japan, particularly Abiko People to preserve such important customs to eternity.

     As for my culture and country, Turkey, previous name called Ottoman Emperor; I will give some details about related history. Ottoman in the past had been a great symbol of Islam and reflecting its mission into real life such as given freedom and justice for each community, constructed huge mosques, bridges and others so that it became peacemaker of the world. Additionally, it may be seen that many Japanese tourists travel to Turkey in order to visit a lot of historical places. I strongly hope that reputation temporally obtained in the past might renew  in the following years.

     I heartedly thank you for given this kind chance to express my feelings about Abiko and Japan.
                                                                              Mstafa(Turkey)
日本語訳を読む
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

今朝の出来事

 晴れ朝の出来ごと
 朝、この頃、気温0度などもある。それでも、駅頭活動(マイクで議会報告や行政案内をしたり、「駅から通信」を配布)へ行くのは最初の選挙の頃より日課になっています。市民の皆さんの仕事は気候に関係なく毎日定時に出発される。私も出来るだけ、そんな通勤通学の皆さんの様子を目にしておかなくてはと思う。私たちの我孫子市を支えてくれているのは、我孫子市にほとんど日中はいない方たちが税金を支払って(天引きされて)くださっていると思っているからです。しかし、今、我孫子市で問題になっている集会施設利用料の値上げについては、税金負担をされている通勤者の皆さんなどは、市公共施設を使う時間がないので蚊帳の外の状況です。忙しくて利用することもないから、パブリックコメントの反対も賛成もする折がない人たちがほとんどでしょう。少なくともそういう皆様の代わりにも議会で声をしようと頑張っておりますので、タイムリーなご報告をと思います。

 ところで、税金面で多大な貢献をされる方たちがいる一方で、有料になった駐輪場でお金を払わず止めている人も少なからずいらっしゃる。残念ながら、給食費、保育料を滞納(生活援助が必要な方には申請によって免除がされる)している人も増えている。そして今朝も、エスカレーターに自転車で乗り入れる中年男性(先日は若者だったが)を見て唖然とした。このところ、駅のエスカレータ入り口に自転車禁止の貼り紙があるのを見ると多発しているのかと考える。さすがに、私の目の前を自転車で乗り込まれたので、今朝はマイクで話をしながら、「そこの方、周囲の方の迷惑になります。危ない自転車の持ち込みはおやめ下さい」と注意したが、振り返りもせずにいってしまった。そういう人は、我孫子の市民ではないのか?!その後、ついついマイクを握って話をしたりして2時間も・・・ 駐車場の料金が400円になってしまった。さすがに、寒くてポケットから手を出して「駅から通信」をとってくれる人は30人もいなかった、が。

 雪寒い冬でも・・・
  この頃通勤時間帯に電車が人身事故でよく止まるようになった。12月など節目のおりに追いつめられる事があるのだと聞いた。12月議会質問の項目に自殺防止の質問を入れて、担当部長、担当者に迅速適切な対応を求めた。人の迷惑を顧みない人もいれば、迷惑をかけてしまうからと悔んで自殺にはしってしまう人がいる。一人ではいかんともしがたいので、私も自殺防止の議員有志の会に加わわって情報交換させてもらう事にした。そうした議員から、図書館での特設展示も効果があったと聞いたので、我孫子のアビスタ図書館でも関連書物の特別展示をしてもらえるよう話した。女性管理職だからか、すぐに判断をしてくれた心優しさが嬉しかった。部長も、担当者を自殺・うつ病の研修会に出席するように即断してくれ、なんとか対応策を考えたいと言ってくれたので、高槻市の視察資料をどっさり手渡した。相談窓口を分かりやすくする、自殺防止キャンペーンに取り組むなど参考にして貰えたら有り難い。

 かわいい一緒に考えてこそ
  毎朝、駅頭に立って、通勤される方たちを見送りながら市議として出来るだけのことはしなくてはと思う。 気をつけて行っていってらしゃい、そしてちゃんと無事に帰ってきてくださいね、と祈っている。それは家族を見送る時の思いと同じです。寒い時は、皆さんと同じように寒さを感じ、暑いときは皆さんと同じに汗を流しつつ、我孫子市を支えてくれているお顔を知っておきたいと思うのです。

 数日前には駅頭のおりに、何かお手伝いできるならと名刺を下さった紳士がいた。社労士の肩書を持つ方だった。「私の専門分野は、年金ですが、社会保険〜人生全般までかかわっております。何かお手伝いさせていただくことがありましたら、喜んでご協力させていただきたいと思います。」と言ってくださった。 そして、なんと我孫子市にライフリンク立ち上げにかかわった自殺のない社会づくりネットワーク・ささえあい事務局の活動をされる方がいるのも分かった。

  こういう方たちとも繋がりながら、我孫子市の行政の力と合わせて、市民が健康に安心して暮らせるようしていかなくてはと考える。12月議会において、心豊かなまちづくりを目指して、という質問を多々折り込んだが、まちづくりの推進には市民の皆さんのご理解とご協力があればこそです!

posted by Nina at 12:26| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

九条の会・千葉地方議員ネット

九条の会・千葉地方議員ネットからのお知らせです。

1月31日(日) 13:30〜    100130前田朗.jpg
会場 柏クレストホテル

「入場無料」で定員168名です


*議員ネットは県内の地方議員が‘05年4月に結成し   

 た超党派のネットワークです。





*チラシをクリックすると地図があります。お知り合いなどお誘い合わせ

 でいらして下さい。一緒に行かれる方がいない場合は、海津にいな を

 お誘いください。終わった後で、意見交換などしましょう! 
 
 Fax/Tel: 04‐7184‐9828 

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

議会が変わる

  今回の議会に出された陳情のうち、5件が我孫子駅自由通路に関するものだった。15日の都市建設委員会では、4件が審議された。陳情の意見陳述も可能になったため、時間制限5分で陳情者自らが意見も述べられたが、継続審査(3月以降の再審議)となった。私など、10年前には市民として請願を出したことがあったので、紹介議員の説明を傍聴にいったが、その場に臨むだけでドキドキした。自ら議員たちを前になれない場で説明などは及びもつかなかった。

 傍聴者も増えている。公共施設の受益者負担の見直しに一因があるのかもしれない。600件を超すパブリックコメントが寄せられ、議会で市の動向をウオッチしようとの機運につながったかもしれない。
明日(16日)、午前10時からの議会運営委員会が開かれ、陳情者自身の意見陳述が行われる。一年前は、市民は傍聴不可の委員会だったが、議会改革で公開となったので一般の方の傍聴も出来る。議会運営にかかる陳情はこちらに振り分けられる。

 陳情者は、経常的経費で約5.5億円不足との「広報あびこ」の報道記事を読み、11月の第2回市政ふれあい懇談会に参加され、市長及び部長らが厳しい財政下において、受益者負担の見直し、事業仕分け概要、かつ我孫子駅舎改修問題等の報告を聞いたが、市の判断について議員の話も聞きたいと議会報告会の開催を要求するために
陳情の文書を提出された。
                            (以下に部分)


「住民サービスの金銭的負担増加等の協力を依頼する一方で、“我孫子駅舎の改造(自由通路の整備)事業”(南北階段幅の拡幅・エスカレーター設備・エレベーター設備・自転車通行可能とする要望等、諸設備の実質的充実が全く無い改造工事)に対し約23.5億円(国庫含・JR負担割合を交渉中とはいえ)を投ずる事業が市民への環境整備事業として最優先事業であるかの報告が同時になされるという無神経な報告に対し言葉を失いました。

 その現実を冷静に見つめるに当たり、星野市政に対する批判の前に、この施策を、はたして我孫子市議会は如何に対応するのか、昨今の財政状況に対し、優先される市民サービスや、環境整備事業は何であるか、また、優先されるべき施策の報告と、我慢を強いるサービスが何であるかの説得がまずは必要であると実感しました。」

  我孫子市議は27名のうち11名が登壇しただけ、4割程度が質問に立っただけだ。半分以上の議員が発言していないとなると、市民から議員は何をしているのかと聞きたいとなるはずだ。 
県初の女性市長が誕生した白井市議会(全国でも女性議員比率トップクラス)では、議員の仕事をどの程度しているかと毎回の議会傍聴して登壇しない議員をチェックして発表する市民グループもいるそうだ。その影響で、白井議会では登壇する議員が増えたのだという。市民が議会をチェンジさせたわけだ。議員らと署名の束をもって県や国に要請を続け、北総線料金値下げも実現させた。また、最近、知事が変わって半年の県議会へは納得できない県議の言動に対し、県民によって要望書などが出される動きがある。昔と違い議会任せでない、市民も一生懸命になって地域を変えようとしている。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

議会のルール

 私は、毎回登壇している。そして、ぎりぎりまで市民の声を質問を加えられるように質問通告の項目を広げておく。通告をしていない項目では、その日に質問できないからです。ところが、親切すぎる(!?)先輩の議員からは「おーい、その質問は通告したのか」とヤジまで飛びでる。益々、私は市民の声を伝えようと必死になってしまう。(議会定例会は3か月に一度しか開かれないのです。)

 受益者負担について、特に近隣センターの利用料、利用区分に対しては600件を超すパブリックコメントが寄せられた。市は多数のパブリックコメントを整理する必要もあると、値上げ議案の提出を延期した。また、我孫子駅自由通路に関する陳情が5件もあった。しかも、陳情者からは、議会にきて意見を述べたいとの申し出も度重なっている。

 他市と違って“常設型の住民投票もあり、市民からそうした要請がでるかもしれない。市はそのくらいの事にも答える覚悟があるのか、議会の考えはどうなのか、我孫子市民としては知りたいと思っているはずだ。ところが
12月議会は、質問する議員が少なくて、3日とってあった一般質問の日程の最終日(9日)が休会となった。

 柏市議のほぼ6割が質問に立つのに、我孫子市議28名(議長含む)いて11名が登壇しただけ、4割程度だ。なんと、半分以上の議員が発言していないということです。不規則発言(野次)に左右されず、少ない質問者の通告に対して答弁漏れがないかなど判断するの方が重要ではないのかと思うが、誰のための議会規則なのだろうか。私にとって、議会はままならないことばかりだ!?

 議会会派の構成、議会採決の○×の傾向を把握すると今後の予算がどうなるか、だいたい予測がつくようになった市民も増えてきた。インターネットの議会録画(本議場のみ)が導入され、単なるサイレントマジョリティでは、市債の負担で大変なことになると感じてきたことだろう。これからも、海津にいなはしがらみなし、母親である一般市民の目線で、みんなの日々の健康と生活を守るためにそうしたご意見を受けて頑張ります! 応援のメール、コメントをして下さい。





posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

定例議会が始まりました

11月30日、定例議会が始まり、質問通告・質問詳細を提出、くじ引きを引いて質問順番が決まった。初めて議会初日に質問となった。今回の議会は、もうひとつ初めてがあった。議長の改選が行われないことだ!? 他議会では、この議長会選にあたって、ひと悶着もふた悶着、ひいては深夜議会にまでもつれ込むこともあるとか、聞いたことがあるが、いまだに議会は摩訶不思議な事が横行するところだと感じる。

市民の皆様、どうぞ傍聴席にいらしてください。まだ未完の学校耐震化工事のある中で、財政難の中、血税を投じて耐震化をした議会棟でもありますので、是非一度来て見て、座ってください。

海津にいなの議会質問日時は、12月7日(月)午後2時前後の予定です。


   
 質問通告 

1)心豊かなまちづくりの推進
  
a.雇用対策
b.自殺・虐待防止
c.国際化・平和推進と教育(奨学制度)
d.田園都市の環境  
e.民主主義の根幹(民知)
  
f.事業仕分け

2)インフォメーションセンターの開設元年
  ・白樺文学館のあり方
  ・戦後65周年の取り組み
  ・地域貢献としての観光


posted by Nina at 10:19| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)