2009年08月30日

選挙、選挙、総選挙

総選挙投票日と同日に、我孫子からもほど近い埼玉県八潮市で選挙戦が幕開けした。市長選が無投票、市議選立候補者は定員の2名オーバーだった。地域によっては、地元の市長、議員選挙の無投票も時折ある。我孫子市でも、前市長の3期目の選挙は無投票だった。7月には埼玉三郷市の市議選に応援にいった。こちらも2名オーバーなので、私が応援にいった女性候補者は支持者がいつもしっかりと応援にきていて、思った通りすぐに当確が出た。
060.JPG

市民は「定数をもっと減らせばよいのに・・・」と言うことがある。議員活動が見えないから、そんならどんどん減らしてしまえばと思うのだろうか。議会の傍聴をしないで、そういうことを言うのはどうかしらんだ! 地域の事情を聴きっとって、行政に伝える市民の声を代弁する活動をするのが議員の職務だ。なかには、議員の支持母体の組織・団体の利益を代表して活動する人もいるし、宗教や政党の活動を代表する場合もあるが、一般的にはみんなの意見を伝える人を議員として選んだはずだ。そういう議員を減らしてしまって、行政の運営をチェックをどんどん削減すると、目が届かなくなってしまうのではないだろうか。

「議会の議員の質」を変革するべきなのに、もっと少なくして地元の議員を見知る機会を持てるというのだろうか。まずは、身近な議員が何をしているか、どんな顔をしてどんな声で話すのか、見てみるだけでも時間を割いて欲しい。

政権交代したとしても、それだけでは変わらない。Change! とは、政治のありようを、生活の安心(国防)と保障(国益)を市民(国民)の為に市民も関わりながら良くすることだ。ギリシャのポリス(政治)だって、関わらなさすぎが政治を腐敗させていったのではないか。

地方自治、地方分権と言われて、議員の数そのものを減らしてみても余り意味がない。それより市民が政治参加することで、市民がエンパワメント(力をつける)していくべきだ。その為に、市民は投票するだけでなく、立候補することも考えてみてはどうだろうか。お任せ民主主義ではなく、みんなで頑張ってみてはどうだろう。それこそ、私も他市の女性議員(もともとは政治の素人)と連携、情報交換しながら、市民生活を守るために必死な思いで議員活動をやっている。 最初は皆素人だが、人生経験がものをいう年齢になれば、人生の駆け出しではないから地元行政へのそれなりの目線が出来てくる。あとはそれなりに交渉力だと考える。

そこで、私もあなたも市議選に挑戦しませんか!」キャンペーンを展開することをブログで呼びかけてみることに・・・

続きを読む
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

第2回 我孫子かっぱ祭り 

かっぱ祭りの実行委員の一人にACT(我孫子カルチャー&トーク代表)として加わった。台風がそれて、雨も降らず、花火のある我孫子の夏を実現出来たのは、柏にも出来なかったことを皆の念力、成功への執念(野田まで雨だったたそうです)かもしれません。 翌朝は、7時からにゴミ拾い、撤去作業などをすることになっています。31日から、9月議会なので、厳しい日程になっており、他の実行委員のように終日はやれないが、お許しあれ!

ストリートライト.jpg



ストリートライトのチェリッシュ、マサヤ、ゲイブ、ユキの4人は素敵なオリジナル曲で、さすがに英語の発音の良さを聞かせました。常にボランティア活動に参加して、熱心に活動している若者らしさを見せてくれました。演奏の時は超炎天下の暑さでした。当日のステージにバルーン装飾をしたのは大人気で、明るく、柔らかな感じが子どもを引き付け夢中にしました。 

20090825193637.jpgまた、カッパのクッキーをつくるという友人が外国人とお店の出店をするはずでしたが、今回はクッキーだけを福一さんのご助力で軒先に並べてもらいました。AIRAと県国際交流協会など仮装参加の依頼をしましたので、外国人にも参加を楽しんでもらえました。報道依頼は、テレビ、新聞にお願いし、記者の取材がありました。

ヒルクライム競技(自転車で公園坂を上る競争には幼稚園からが参加)、初の試みでしたが、関係者によると将来有望な五輪選手も出そうな熱気ぶりだったそうです。

川村女子大、中央学院大の学生のパワーは、イベント準備や仕切りを見事にこなしました。とてもいいチームワークで、レースクィーン以上のイベントの要の役を果たしてくれたのでした。来て下さった皆様、ありがとうございました!!!  


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

Birthday,isn't it?

I was gifted lovely presents and emails on Aug 24 by my family and friends this year, than as usual.  They make me encouraged, as I had depressed those days, because threatening messages on the phone, email and "express" snail mail to me before my birthday.  
P8170369.JPG


I was wondering why I have to continue to be a city council in Abiko more years?!  I would like to be a sleeping cat like Leni, whom has been beloved by my family more than sixteen years.  In this summer, I had visited Finland to see a lady council who has devoted to Espoo city for twelve years.  She is an excellent, elegant but strong woman who has a lot of supporters.  I have learnt from her as a woman works to do the 
community and to admit during thirty years.  Women can do it!  I can do it well  as smart and elegant as Kirsi !!   I have just worked six years as a council member and twenty years as an NGO of International communication and World peace based on children ducation and women's empowerment.  Don't I move on again ? Yes, I will do it for them with love and friendship.  Just a way I was. 
posted by Nina at 17:37| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ソウルでの平和会議(8/19-23)に参加して


 My participation in "The 3rd International NGO Conference o History and Peace" has given me the chance to get acquainted with speakers even more closely, finding myself in better understanding to present territorial issues in the world and also the chance to learn that every single effort should be made toward appropriate solution for these problems. Megumi who had attended the event last year with me, says her generation could find a better solution, build a better friendship and mutual understanding.

122.JPG



In the Conference, I have had a chance to present a story about YANAGI Muneyoshi & Kanako, who had lived in Abiko during the Samil Independence movement  and to have listened to various presentations and insights from Middle East and South East Asian speakers regarding present conflicts and also I was moved with the efforts toward solution reported by speakers from Europe and USA. Concurrently through opinions and comments exchanged among discussants, I was given positive impression that contribution and efforts by NGO in the 21st Century may play an important role in the way of approaching conflict resolution, which couldn’t have been found in the 20th Century.

Moreover, it was a new discovery for me that a presentation of a Korean speaker mentioned that ’恨Han (culture)’ proved to be some sentiment denoting their consistent hope under unavoidable difficult circumstance.  On the other hand, Japanese Just recognized the same Chinese character as "grudges “.  Both countries have shared some similarities based on Chinese characters and culture.  However, a precise explanation by the speaker, ‘恨 Han’ is also a dissolution of hatred by means not attributing dissatisfaction to other people.

128.JPG

I realized this constructive way of Korean thinking have made it possible to host highly future-oriented conference in Seoul ,Korea.  I simply appreciate the chance given to lean about such a good neighbor and wish our friendship will develop positively in the near future. In the 21st century, we are aware of the past history of shivering  wars and conflicts in many areas as well as in Japan and Northeast Asia, but not only be aware of the past history but also we should behave and act to be responsible for our future.


 
116.JPG







posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

総選挙+国民審査

ご参考までに転送メールの紹介です。

・・・・・・・・・・
今度の総選挙では、分かりにくいですが3回投票します。
@小選挙区選挙、A比例代表選挙、Bそして最高裁裁判官国民審査です。
Bの最高裁裁判官国民審査に関しては判断材料がほとんどもたらされていませんし、
なぜだか、最高裁判事国民審査いついての期日前投票は8/23(日)〜29(土)の7日間だけです。

つまり、 8/22までに衆議院議員選挙の期日前投票を済ませてしまった有権者は
自動的に国民審査を棄権したことになってしまいます。
そして、8/23以降に期日前投票をしたとしても、B国民審査の投票用紙を白紙のまま投票したと
したら、9名全員を信任したことになります。

今回審査を受ける9名の裁判官は全員、小泉、安倍、福田、麻生内閣総理大臣が任名した裁判官で
あるのですが、もし政権交代が実現したとしても、B国民審査を判断材料がないまま、白紙とすれば
結果的には、最高裁判事について審査未了でありながらも、そのまま継続ということになるでしょう。

たとえば思い切って全員に×をつける事も可能ですが、
裁判官が罷免となるのは、そうは言っても×が投票数の半数を超えた場合です。
まずは、前もって裁判官の人となりを調べて下さい。 参考ブログが2件ありますので
 国民審査の参考にして下さい。


なお、竹内行夫氏に付いてはネット検索するといろいろ出てきますが、イラク自衛隊派遣の
時の外務省事務次官だった人です。(レバノン大使、天木直人氏を罷免した人です)

日本民主法律家協会作成の「今回国民審査を受ける9人の最高裁裁判官の横顔」も
ご参照下さい。「国民審査ビラ」をダウンロードすると、全員写真入り2色刷りの
「最高裁を憲法と人権の砦に変えよう!」が読めます。

http://www.jdla.jp/kokuminshinsa/2009shinsa.html
posted by Nina at 01:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

クラインガルテンの視察(フィンランド)

 DSC02622.JPG DSC02611.JPG DSC02637.JPG DSC02612.JPG DSC02630.JPG


DSC02613.JPG DSC02618.JPG DSC02634.JPG DSC02641.JPG DSC02625.JPG
DSC02626.JPG DSC02636.JPG DSC02690.JPG DSC02617.JPG DSC02643.JPG DSC02628.JPGDSC02644.JPG DSC02638.JPG DSC02641.JPG  DSC02621.JPG

 

クラインガルテンとは・・・・
posted by Nina at 01:08| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)