2009年03月04日

ポスティングへのコメント

先日、ポスティングの事をブログに書いたら早速に、市政レポート奥付にメールがあった。

「当方居住のマンションの郵便受けに貴殿の市政レポートなる紙屑が不当に投棄されていた。 自身で直接投函したというなら、郵便受けに政治・宗教・その他慈善活動を含め、広告・チラシの類の投函は一切拒否する旨の告知が貼付してあるのを目にしたはずである。 それにも関わらず警告を無視して投入行為が行われたことは極めて遺憾であり、今後貴殿らには記載の告知に基づき責任を以って回収を命じることとなる旨、通告するものである。 迷惑チラシ撲滅委員会(仮称)」と不快感露わにしてあり、匿名性が高いものの、ホットメールでkojimayoと記入され
ていたので、一つのご意見として丁重に受け止めることにした。

つまり、私の駅の活動に対して、良くやっていると激励してくれる人もいれば、たまらなく不愉快に思っている人もいるのだという事だ。ある程度仕方がない。アバタもエクボもあれば、坊主憎ければ袈裟までも、が人間社会だからです。「頑張ってください」と駅頭で声をかけてくれる人もあれば、同じことをしていて「アンタ邪魔だよ、分かんないのか」と眉根を釣り上げる男性もいれば、もちろん女性にもたまにいらっしゃる。これは極端な例だけれど、それとは別に知っていても目を合わさないように遠回りにされる場合もあって、けっこう駅頭活動も辛いものだ。私が駅に立っているのをみて、マズイ、朝からいやだなと思う人もいらしゃる訳だから、朝の時間を邪魔してしまっている。私も、そういう方たちに申し訳ないなーと思いながら、気落ちしないように頑張っている。すべてに気に入っていただくのは、天皇家の人々でもむりなのだから・・・。

同様に、市政レポートのポスティングを受け取るのを楽しみにしていますよとか、メールで感想を言ってくださる方もある。そして、上記のように迷惑だからを撲滅したいと思われてもいるわけだ。私の労働対価をつぎ込んで、レポートを作り(そんなこと選挙の時だけで、後は一切しない議員が多いのだが)、市政のお知らせをしてと考えるものの、けして全部が興味を持つわけではないということだ。それでも、ボランティアで配布のお手伝いを申し出てくれる人もいる。布佐だって配ってと言ってくれる人もいる。柏と市境を接するエリアをていねいに配ってくださる方、行き止りの多い坂道を行きつ戻りつ配ってくれる人がいる。病気がちだけれど(癌の方もいる)、何か役に立ちたいと配るのを楽しみに待っていて、また頼んでくださいと言われる。

だから、私も猛暑の中、酷寒の中でも、爽やかに笑顔で駅に立ち、少しでも市民を元気にと朝の挨拶をしたいと思う。暑いだろうな、寒いだろうなと同様に感じていたいと思う。皆さんが、税金を払ってくれているから我孫子は成り立っている。しかも、通勤の方たちはほとんど我孫子にいない。時にはお小言を頂戴するが、それでもレポートを作ることを繰り返す。どんな仕事にもクレームは付きもものだし、改善のヒントでもある。

思うに、60億人以上にもなった人間が呼吸していると、地球にとっては非常に迷惑な生命体になってきた。だけれど、ハイそうですかと息を止めることは出来ない相談だ。私たちは生命を全うする事を義務付けられている。私はと言えば、仕事で最善を尽くすことが投票して下さった方たちへの使命だと考えている(投票して下さらなかった方、投票に行かなかった方を除く)から、私のやり方で頑張るのです。もっとスマートにやればいいが、市民生活の現場を知る一つの方法なのです。

海津にいなが、迷惑、目ざわりな方には失礼しましたと言うしかないが、毎日違う7駅を廻っているので、南北口あるわけで、お会いするのは週に多くても一回だ。市民生活に役に立ちたいと議会報告を駅頭でしているが、関心ないと思われる方も半数近く(投票率が低下のため)に増えてきた。そんな中で、私のレポートを受け取ってくれる人の数は初めのころの倍以上になってきている。資源の無駄使いだと言われても反論しないが、市政を知る努力をご自身でなさってください。議員が年4回の議会でも、膨大な情報量を抱え難儀するのですから、市民の皆様がこれを咀嚼するのは楽ではないとはずです。これからは、財政再建団体に転落する自治体もあり、市民の責任も問われるようになっていきます。何とか、地元議会・行政との連絡ツールを持っていてください。


一つ確約できるのは雨の日は配りません!手(チョキ) 実は、議員になってから朝に雨降るとほっとします。駅頭は雨天中止だからです。

posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)