2008年07月17日

国際会議に参加して

P7060487.JPG 

 世界女性会議は、国連女性会議よりも以前から開催されてきたNGO連携の取り組みです。初会議は、1981年にハイファ(イスラエル)で開かれ、この7月にマドリッドで第10回となった。3年毎に開催され、主に大学研究者が中心だが、海津にいなも参加しました。

この会議は、行動、実践し、国際社会に責任をもっていくことを重視している。前回の韓国同様に、スペインでも、国、地元自治体が全面的に支援をし、多数の企業の協賛を得て、国策として女性の社会進出を後押しするという。スペインでは、3月の総選挙後、4月に発足した2期目のZP(サパテーロ)内閣。組閣人事でも引き続き「平等」をキーワードに、組閣メンバー17人のうち9人は女性で、女性閣僚が男性を史上初めて上回る。「平等省」も創設された。これは、スペインで激増するDVによる殺人事件などへ法的な措置の強化、雇用の男女均等を目的につくられた。


■皆で関わる、多様化の重要性
 こうした国際会議で多くの人と出会うことは、思わぬ情報交換ができ、そして問題を共有することで、励ましあい、多くのアイデアが生れてくる。それぞれの国情で違いがあるが、むしろ女性達はその共通性に目をやり連携し、粘り強く努力を続けていくことで、
困難な問題を国際的な視野をもって解決していくと確認しあった。 
posted by Nina at 11:06| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)