2007年06月29日

バイオマスの視察

1990年代以降、バイオマスは二酸化炭素削減(地球温暖化対策)、循環型社会の構築などの取り組みを通じて脚光を浴びている。世界的に見ればスウェーデンが木質バイオマスの利用に熱心に取り組んでおり、日本の地方自治体や環境保護団体などに注目されています。日本では、2002年12月、バイオマス・ニッポン総合戦略を閣議で決定しました。循環型社会を目指す長期戦略と位置づけられています。「バイオマスタウン構想」等などとして、農林水産業からの畜産廃棄物、木材や藁、資源作物などの有機物からエネルギーや生分解性プラスチックなどの生産物を生み出し、食品産業から発生する廃棄物、副産物の活用を進めたりしています。

P6250160.JPG 
バイオマス(Biomass)とは生物由来の資源を指し、バイオマスを用いた燃料をバイオ燃料(biofuel)またはエコ燃料(ecofuel)と呼んでいる。バイオマスは有機物であるため、燃焼させると二酸化炭素が排出されるが、これに含まれる炭素は、そのバイオマスが成長過程で光合成により大気中から吸収した二酸化炭素によため、バイオマスを使用しても全体として見れば大気中の二酸化炭素量を増加させていないとされ、これをカーボンニュートラルと呼んでいる。 バイオマスは太陽エネルギーを使い、水と二酸化炭素から生物が生成するものなので、持続的に再生可能な資源である。
 


高度成長期以前の日本では、落ち葉や糞尿を肥料として利用していたほか、里山から得られる薪炭をエネルギーとして利用するなど、要はバイオマスを活用した社会だったと言える。石油起源の資材、燃料などへの置換により、顧みられることが少なくなったバイオマスであるが、近年、廃棄物処理コストの高騰などから高度利用を模索する自治体が増えている。日本では、近年、P6260173.JPG葛巻町のバイオマス燃料への取り組みが注目されている。



そこで、葛巻町へ行き、その製造過程を視察した。
巨大なタンクの周辺はさすがにかなり強烈な臭気があった。もっとも、バイオマスには「資源の分散性」、「低カロリー」、「高含水比」といった問題点があり、今のところ実験的な取り組みのようです。






環境を重視し、更に二酸化炭素削減を大切に考えるとき、カーボンニュートラルな取り組みは重要です。もっとこれからも調査を続けいきます。
(今回は、エコツアーの先駆者・壱岐健一郎氏主催で、BDF燃料バスで)

P6250161.JPG
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

16号バイパス(6月26日)

blog_070626.JPG

柏の国道16号の渋滞緩和措置としてバイパスルート案が持ち上がって久しい。

何度も見直しをしてきたが、いよいよ利根川ルート案が出てきて我孫子も話しに乗る段階になっている。

今回は、ヨーカドー、エスパ、市役所ロビーなどで説明パネルを設置して市民のアンケートを取るように

なっています。どうぞ多くのお声をお聞かせ下さい。

posted by Nina at 15:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

「男から見た男女共同参画」(6月24日)

blog_070624.JPG

アビスタのホールに男性がこれほど多数きて男女共同参画の講演会を聞くなど、今までにはありませんでしたが、段々に男性たちも興味を持ってきているのでしょう。

講師は、中央学院大額の男性教授で、この分野の専門家、講師のユーモアのある話しぶりに何度も会場から笑い声があがった。
posted by Nina at 15:45| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

げんきフェスタ(6月23日、24日)

blog_070623.JPG

湖北公民館で「げんきフェスタ」が行なわれている。

子どもたちのフラダンスは、大人以上のリズム感があるせいか、とても感じがでていて驚いてしまった。

最近、ロハスやスローライフの言葉が主流になってきていて、それにぴったりのアロハ・フェスティバルが我孫子でも開かれる。

今年は大雨になって野外ステージが使えないなどとなりませんようにと、途中から子どもたちの上に振り出してきた雨にあわてながら思いました。
posted by Nina at 15:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

農業作業(6月22日)

blog_070622.JPG

障害者自立支援法が施行され、どんな人でもそれなりに働く場を見つけて自立していけるようにという時代に流れが変わってきています。

知的障害、身体障害などの他、認知症、うつ病、高額医療などが必要な人への対応も含まれる法律です。

障害を持つ人に優しい社会、そういう方たちが尊厳をもって暮らせる社会を法で保障しようと目指しているものと思います。

そこで、障害者の方たちにも働ける場つくりにしていこうと農家の方が声を掛けて下さり、「みずき」作業所の方たちと近所の方たちを交えて農作業に励みました。
posted by Nina at 15:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

おいしい水道水(6月20日)

blog_070620.JPG

5月に視察に行った藤枝市では、市水道局の作った「藤枝の水」が缶詰になって市役所玄関ホールに置かれており、市の水のおいしさをアピールしていた。静岡県はお茶の産地で、お茶にこだわれば、水も問われる。その点でも藤枝市のウリは水もだそうで、防災にも役立てているということだった。

最近では、東京水、神奈川水などとして、自治体がペットボトルをつくって水の安全性とおいしさを理解してもうらうような取り組みをしている所も出てきている。

我孫子の水道水も、高度浄水処理というオゾンと活性炭による先進的な取り組みをしているところもこの目で確認(一期目の同期議員らの勉強会)していた。そこで、伊藤水道局長に水の缶詰で我孫子の水道水の安全性と美味しさを理解してもらえるようPRしてはと、議会で答弁を求めた。

藤枝の水の缶をお土産に持ち帰って、議会最終日に手渡した。
posted by Nina at 15:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

AIRA総会(6月17日)

blog_070617.JPG

Abiko International Relations Association(AIRA)は、「アイラ」と呼び親しまれている市国際交流協会です。

総会で開会挨拶をしている外国人女性は、日本語教室に参加しています。

市内の小中学校では「留学生が先生」というプログラムが定着してきましたが、それもアイラの会員の協力があったればこそですし、市内でのスピーチコンテストで生徒が一生懸命に英語で発表したり、外国人が日本語で体験を語るなどして国際理解を推進しています。
posted by Nina at 15:38| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

CO2排出削減のために(6月14日)



銀座ソニービルの入り口フロアで地球環境を考える展示がされていた。

ソニービル自体が、グリーン電力に向けて取り組んでいる企業です。

そこで、紹介のあったエコツアーに参加して実際にBDFで走るバスも体験し、

エコニュートラルな各地の取り組みをみてくるので、私のHP活動報告で、

その様子をご覧に入れたいと思います。

DSC00285.JPG










posted by Nina at 15:36| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

マイ・エコ・ライフ

blog_070608.JPG

5月初旬に念願の電気自転車を購入してから1ヶ月が過ぎました。

自動車の通れない坂道もラクラクです。

今まで、気がつかなかった我孫子の旧い町並みを発見して、なるほど「北の鎌倉」と言われるだけの事はあると納得したり、自転車の効用で視界が広がりました。

自動車に乗らない分は、CO2の削減にもなります。

ご近所の自転車店で試乗させてくれるはずです。

そういう所が見つからなければ、海津にいなの自転車をお貸出来ますので、事務所にお立ち寄り下さい。
posted by Nina at 15:07| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

東我孫子駅(6月6日)

DSC00189.JPGここを車いすが通れない時は、周囲の人で抱えて渡る
DSC00073.JPG
 DSC00071.JPG                                               旧い看板は壊れていた↓
       ↓新しい看板「通り抜け禁止」が取り付けられた                           
blog_070606.JPG

  ↑各写真はクリックすると、拡大できます。

議会が開会して、このところ東我孫子駅の状況調査してないままで気になっていたので、夕方に行って見ました。ここの駅は、バリアフリー法とは逆行する状況で、車椅子の障害者などにはますます通りにくく、歩きにくくなっているのが残念です。

誰も見なくなった壊れた看板を尻目に、遮断機が降りても渡る人が後を絶たず、むしろそういう大人の姿をみて、中学生から何とかして欲しいと指摘がありました。無人駅なままなのも、こうした状況を誘発してきたと思うが、地域の方はどう考えているのだろうか。

5月末にようやく、市が古い看板を撤去して道路面に注意を促すペイントが施されました。JR東日本は効率優先で、無人駅への安全対策はほとんど考えていない。成田線は黒字路線であるのだから、利益追求ばかりでなく、しっかりとした安全宅策は必須のはずだ。手紙を書いたり、何度も連絡をとろうと指摘したが、安全を最優先にするべき企業の態度としてはかたくなだ。

posted by Nina at 15:06| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

6月議会(6/4〜6/20)

blog_070604.JPG

私が議会運営委員(通称・議運)だった間に、様々な議会改革に取り組むことができました。

昨年の議会から、クールビズ、対面議会方式、採決表示システム(写真・議場の壁に設置のモニター)の導入されました。

新市長になって、3月議会からは、市政方針の文書(案)を議会開会前に頂きたいとの要望が通り、早めに市民に議会定例会での議員質問の内容を市HPで提示することが可能になりました。

6月の議会には、是非、皆様も市役所脇の議会棟へ傍聴にいらしてください。
posted by Nina at 15:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

根戸小学校運動会(6月2日)

blog_070602.JPG

天候不順なこのところですが、根戸小学校の運動会は素晴らしい快晴でした。

私が小学生だったころと違って、女の子も騎馬戦で楽しそうに活躍して羨ましい限りでしたし、男の子はダンスに気合が入っていました。

かつてダンスは女の子だけやらされていましたが、今は、ジャニーズ系のダンスが出来ることがかっこよくって、男の子たちもそれになりきって動きもきびきびキマッテいました。

子育ても時代の変化を相当に受けています。
posted by Nina at 15:04| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)