2021年11月29日

オミクロン株、変異ウイルスへ警戒感

南アフリカで見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、日本政府は、今月26日、「注目すべき変異株」に位置づけ、警戒をしています。

国立感染症研究所によりますと「オミクロン株」は、ウイルスのまわりにある突起、スパイクタンパク質(ヒトの細胞にくっつく役割をする)に32か所の変異があるということです。感染研は、個人の基本的な感染予防策としては、変異株であっても、従来同様、3密の回避、特に会話時のマスク着用、手洗いなどの徹底が推奨されるとしています。

通常の変異ウイルスでは、スバイクタンパク質の変異は数か所であることから特に多いということです。重症化や感染しやすさがどの程度高まっているのかはわかっていませんが、それらの変異の中には、細胞への侵入しやすさに関連するものや免疫から逃れる、つまりワクチンや抗体カクテルの治療薬が効きにくくなる可能性や感染性を高める可能性がある変異もあると感染研は説明しています。

変異を詳しく見るとアルファ株やベータ株にもみられたN501Yのほか、ベータ株ではE484Kとなっていたものが「オミクロン株」ではE484Aとなっているということです。

また、アルファ株にみられたP681Hなどの変異もあり、それらは細胞への侵入しやすさに関連する可能性があるということです。

28日現在、政府によると日本では「オミクロン株」は確認されていません。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

我孫子市国際交流協会30周年

市内の国際交流団体に声掛けして、まずは交流を図ろうとしたのがACT(我孫子カルチャー&トーク)だった。つまり、私たちが子育てママ真っ最中のノリのいい地域活動だったので、先行する我孫子国際交流の会と後発の公民館活動のグループに集まって、市に国際交流活動の提言をしてみようと持ち掛けた。なんで、ママたちが集まったかというと、どちらも子ども連れで参加するなんてことをしないくても、子どもさんが少し大きくなってから、お入りになったらと言われて、俄然、ファイトしたのが始まりだった。神戸で地元に知られたKobe Women’s Club 由緒ある神戸倶楽部の会館を開放して女性たちの昼の集まりに場所を提供してくれて、日本人の会員よりは外国人が多い交流、勉強会だった。目から鱗、子育て中のママにはベビーシッターを提供(有料)して、ママでも講演会に参加したり、社会活動に加わるのは当然の権利よ、日本人の子どもでももちろんいいわよ、と気楽にいらっしゃいと言ってくれたのだったから、やはり日本は女性に対して「三つ子の魂百までも」で相変わらずなのに、なんて親切なんだろうと毎週一回を神戸まで出かけていった。芦屋から神戸まで車で30分くらいだったろうか、神戸倶楽部はクラッシックな建物でそこに入るだけで、日常の雑事を忘れるまたとない空間だった。そこに入会する条件は英語でコミュニケーションを取って、自他ともに研鑽し合う事というだけだった。外交官の婦人たちの優雅なお宅に遊びにいったり、そこで彼女たちを借り上げ社宅の我が家に呼んだら、あまりの手狭さに絶句して直ぐ帰ってしまったが・・・・。

そして、我孫子カルチャー&トークは二年前に30周年になっていたのだが、コロナ禍にあって時は過ぎて、二年遅れで先月に30周年の記念講演会をコホミンで行ったというわけだった。マア、いろいろあたけれど、日本は変わらないなァと思うところだったりもするけれど、人のつながりが育っていくことには繋がったのだと思う。つづけることは大事であり、人が集まること、智慧を出し合うというのが大切なのではと思う。
完ぺきな人も国もない、色々に織り交ぜて、楽しく、包容力で未来を見つめて行けたらいい。

CIMG6022.JPG  CIMG6019.JPG  CIMG6021.JPG  CIMG6020.JPG  CIMG6023.JPG
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月27日

森精機のそれから

 日独の工作機械大手が統合してできたDMG森精機、辿っていくと我孫子に在った日立精機に関係している。今や、ドイツの西部の都市・ビーレフェルトに、ドイツ側の拠点がある。2018年11月末、築100年近いホールで取引先や社員、地域の住民を迎えて、ドイツ本社が主催するコンサートを開く前日にちょっとした事件が起きた。プログラムには、地元のビーレフェルト・フィルハーモニーが加わり、DMG森精機と親交のあったイタリア出身のピアニスト、アドルフォ・バラビーノさんの名前がしるされていた。ところが、事もあろうにコンサート前日にピアニストが階段から落ちて手を骨折した。ドイツ本社にバラビーノさんから演奏できませんとの連絡が入った。主役のピアニストを欠いては、演奏会が成立しない。

 社員たちが頭を抱えていたとき、音楽好きの1人が、ふと反田恭平さんのホームページの問い合わせフォームに、出演依頼を送った。「あす、ドイツで演奏できませんか?」、ダメモトとは言え、明日に演奏してくれというのは時間がなさすぎる。



 ショパン国際ピアノコンクールで2位に輝いた反田恭平さん(27)は、突然の申し入れを受けて立った。その縁があって、その後、反田さんと名古屋に拠点を置く工作機械大手の「DMG森精機」がタッグを組むことになって、株式会社のオーケストラを立ち上げた。技術を武器に世界で活躍するメーカーとピアニストとの出合いは、ピンチが生んだ絶妙のコラボレーションとなった。


 

つづき
posted by Nina at 07:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月26日

スウェーデン女性首相は半日にして辞任

 スウェーデン国会で24日にロベーン首相の後任として選出された与党・社会民主労働党党首のマグダレナ・アンデション氏(54)が同日、辞任した。連立を組む緑の党が政権を離脱したことから、「政府の正統性に疑問が生じかねない」として辞表を提出。同国初の女性首相に選ばれてから半日足らずで異例の退陣劇となった。

 ストックホルムからの報道によると、アンデション氏選出後の予算審議で、国会は政府案でなく野党側が出した代替案を可決。代替案の起草に極右スウェーデン民主党が加わっていたことから緑の党が反発し、連立を離脱した。アンデション氏は記者団に「連立相手が離れれば、政権も辞めるのが憲法上の慣行だ」と辞任理由を説明した。



出典:【ロンドン時事11/25】
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

東京は世界で3位、都市総合ランキング

2021年の世界の都市総合力ランキングが24日に発表され、東京がロンドン、ニューヨークに次いで6年連続の3位となったと、森ビルのシンクタンクである森記念財団都市戦略研究所が発表した。

東京は就業環境の改善や五輪・パラリンピック開催により、総合スコアでプラスに転じた。また、早退や在宅勤務のしやすさを居住者に調査した「働き方の柔軟性」が前回41位から2位まで飛躍的に順位を伸ばした。新型コロナウイルス禍が世界主要都市に及ぼした影響は都市によってさまざまで、世界の主要48都市を対象に経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通・アクセスの6分野70指標で評価。東京は環境以外の5部門でトップ10入りした。経済は上位3都市に大きく水をあけられており、北京に次ぐ4位で、香港に僅差で迫られている。

今年は国際人流などコロナ禍によって特に影響を受けた指標群をまとめた。東京は五輪開催による国際人流が上昇したのに対し、ロンドンや香港では世界的な人流抑制が他の都市と比較してマイナスが極めて大きかった。ニューヨークも完全失業率の高さが尾を引き総合でマイナスだった。

4位はパリ、5位はシンガポールで例年と同じ顔ぶれに。日本の都市では大阪が36位、福岡が42位だった。

同財団理事で明治大の市川宏雄名誉教授は24日の記者会見でコロナ禍の影響について、「女性の社会進出の低さや観光地の充実度など東京の弱点は残ったまま。コロナ後は一気に経済活動が再開され、都市力向上のためには弱点をどうするのか早急に考える時期だ」と述べた。


出典:産経新聞(11/24)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

日本の感染者数減も、寒さで感染が拡大する傾向に注意!

韓国の中央防疫対策本部は24日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から4116人増え、累計42万5066人になったと発表した。 先月の終わりごろから感染者が急激に増加。先週、過去最多の3292人を数えた後、3000人前後を推移しています。 1日当たりの新規感染者が4000人を上回るのは初めて。前日(2699人)より1417人増えて、過去最多だった18日発表の3292人を超えた。また、重篤・重症患者も586人で過去最多を更新した。重症用の病床使用率はソウルなど首都圏で83%にもなっています。

日本を超えるワクチン接種率を誇る79%の韓国。感染拡大が止まらない韓国。その要因の一つとして考えられるのが、今月から規制を段階的に解除してコロナとの共存を目指す「ウィズコロナ」政策です。韓国では「トラベルバブル」と呼ばれる隔離なしの海外旅行も押し進められている。

しかし、感染拡大が止まらない。ワクチンの3回目接種のタイミングが「2回目の6カ月後」から「4カ月後」に前倒しされることになりました。
感染者が増加している原因はワクチンを2回接種した後に感染する「ブレークスルー感染」だとみられています。 韓国感染症学の権威として知られる金宇柱教授(高麗大学感染内科)は、「60歳以上の陽性者の80%はブレークスルー感染です」という。 韓国内で27%使われたアストラゼネカ製ワクチンもまた、原因の一つではないかとの指摘もあります。 同・金宇柱教授も「アストラゼネカよりもファイザーのワクチンの方が効果が高く、抗体も多くできるし長く維持できます。ですが、韓国は最初高齢者にはアストラゼネカ製を主に打ちました」。韓国では60歳以上について、これまで半年後としていましたが、2カ月前倒して、最短4カ月後に受けられるようになり、50代も5カ月後の接種が可能となっています。 日本では諸外国の状況や効果の持続期間を考慮し、ブースター接種は「原則8カ月以上」とされています。



参照:ソウル聯合ニュース(11/24)



一方、日本全国の新型コロナの新規感染者数は、感染拡大の第5波の最中だった2021年8月下旬から、12週連続で減少し、2021年に入って最も少ない水準となって注意が必要です。

北海道では、2020年冬の感染拡大「第3波」の際には、全国や東京都などに比べ2週間ほど先行して感染が拡大する傾向が見られました。北海道では、2020年2月下旬に国内で最初に感染が広がって、2月28日には独自の緊急事態宣言を出して外出の自粛を呼びかけました。2020年10月下旬から1週間平均の新規感染者数が前の週との比較で増え始め、10月19日には1日の新規感染者数が17人だったのが、11月20日には304人となり2021年2月上旬まで100人前後の日が続きました。

それと比べると、東京都では2020年11月上旬には1日の新規感染者数は100人前後でしたが、11月中旬には前の週との比較で増加が見え始めるようになり、さらに12月中旬には増加傾向が明確になって、2021年1月7日には1日で2520人とそれまでで最も多い感染者数となりました。つまり東京都で感染が拡大したのは、北海道に遅れて3週間余りのちの3月下旬以降で、その後、4月上旬には初めての緊急事態宣言が出されました。

そして全国で見ても、増加が顕著になったのは2020年11月中旬以降で、2020年11月上旬までは1日の新規感染者数は1000人未満だったのが、11月下旬に2000人、12月末には4000人となり、2021年1月8日には8000人近くにまで上りました。

閉めきった環境で感染しやすいことが最初に分かったのは、2020年2月の「さっぽろ雪まつり」のときで、閉めきった休憩所で暖を取っていて感染が広がったケースなどがあったことを受けて、専門家が分析した結果、密閉された空間で一定の時間、ウイルスが含まれたごく小さな飛まつがしばらく漂い、それを吸い込むことで感染することが分かりました。これをもとに、手洗いや消毒、マスクなしでの会話を避けることに加え、「密閉・密集・密接」の3密を避けるという対策が行われるようになりました。

また、寒くなると、ウイルスは排出されたあとも空気中でしばらく漂いやすくなるし、乾燥すると人の気道の粘膜が傷ついて、そこにウイルスが付着すると感染が起きやすくなると考えられます。換気することで感染リスクが下がるということも分かっています。

道の感染症対策本部は「今後も新規の感染者が増え続けるようであれば、第6波の入り口ということにもなりえるので、感染状況を引き続き、注視していきたい」としています。


出典:NHK特設サイト(11/20)

posted by Nina at 16:17| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

英国はノーマスクの経済シフトへ、マスク大国・日本の経済は最下位に

 イギリスでは、人口の7割近くがワクチンを打っており、被害を出しながらもワクチン接種で先行し、先進主要国において経済成長率でトップに立つなど、コロナ禍から力強く復活してきている。デルタ株が拡大しつつあった7月に医療崩壊は招かないとしてボリス・ジョンソン首相はコロナの行動規制をほぼ撤廃した。国民に対して1日10万人まで新規感染者が増加する可能性もあるというワーストケースのシミュレーションも提示し、それでも医療崩壊には繋がらないからと行動規制緩和に踏み切った。感染者の数は増えているものの死亡者数や重症者数は低く抑えられて、感染が広がったとしても医療崩壊の心配がないのであれば、自由な経済活動を優先するべきだという判断は、今では多くの人が支持し考え方になっている。

 
 
参照:現代ビジネス(11/20)



 オーストリアは新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、最長で20日間の全面ロックダウンとワクチン接種の義務化を発表した。 オーストリアのシャレンベルク首相は19日、すべての国民を対象に22日からロックダウンを始めると明らかにした。最長で20日間の予定です。 ワクチン未接種者については15日からロックダウンの対象になっていましたが、規制強化を余儀なくされた形だ。 シャレンベルク首相は来年2月からワクチンの接種を義務化するとも表明している。 ヨーロッパ各国ではこの秋から感染が再拡大していますが、全面ロックダウンとワクチン義務化を決めたのはオーストリアが初めて。 オーストリアのワクチン接種率はおよそ66%にとどまっていて、未接種者の感染増加が問題となっている。


出典:テレ朝(11/20)


 米国では新規感染者が10月下旬から徐々に増加。冬を前にして集団感染による休校などへの懸念もあり、5〜11歳へのファイザー製の投与を決定した。通常の3分の1の量を、3週間間隔で2回接種する。米国は今月から5〜11歳対象の投与を始めた。

 中国は年齢を3歳まで引き下げた。日本でも、5〜11歳の子どもに対する新型コロナウイルスワクチン接種の議論が進む中、世界でも子ども向けを承認した国が増えている。

 ロイター通信などによると、20日までに、少なくとも16カ国が11歳以下が対象の接種を認めた。ただ、接種が遅れる発展途上国への供給を優先すべきだとの意見もある。

 
出典:共同通信(11/20)


つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月22日

マスクのいらない生活

 治療薬の開発やワクチン接種が進んだことにより、海外諸国は日常生活を取り戻すべくコロナ対策を転換している。感染者数が激減した日本においても、マスク着用について議論を重ねてもいい時期だ。
 
 ただ、日本ではマスクを外すにあたって「世間の空気」があり、いまマスクを外して街中を歩いていたら、100%に近くマスクの世間に冷ややかな目で見られる恐れがある。この「空気」は変わるのか。医療法人同友会顧問で社会医学指導医の大室正志氏はこう語る。

 「'09年に新型インフルエンザが大流行したとき、行政から要請を受けたわけでもないのに日本中の会社に消毒用アルコールが置かれました。しかし、感染が落ち着いてくると、なし崩し的になくなっていったんです。コロナも同じように、感染者の少ない状態が長く続けば、テレビで連日速報が打たれることもなくなり、世間の関心が薄れていくと思います。社会が脅威だと見なさなくなれば、自然とマスクをつける人も少なくなるでしょう」



 福岡市のみらいクリニック院長の今井一彰氏はこう解説する。

 「来年春には、みんなマスクを外せる状況になっていると思います。ただ、現時点でも常時マスクをつける必要はありません。ジョギングやウォーキングの際は外しても大丈夫でしょう。大勢の人が集まっていたとしても、映画館やコンサートホールのように大声を出さない環境ではマスクはいらないと思います。また、換気さえ行われていれば飲食店でもマスクをつけなくても問題ありません」

 春よ来い。早く来い、待ちに待った日常生活がもうすぐ戻ってくる〜♪


参照:現代ビジネス(11/20)

つづき
posted by Nina at 06:44| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

我孫子市総合防災訓練、3年ぶりの開催

CIMG5999.JPG CIMG5996.JPG CIMG5987.JPG CIMG5992.JPG CIMG5995.JPG 

防災無線で本日の訓練の案内がされたが、大雨や新型コロナウイルスによって、三年ぶりの開催であった。ドローンの導入がされ、映像で災害現場を特定したりできるとの実演がされたのが目新しい報告であった。今年は展示コーナー、体験コーナーは中止となって、訓練自体も短時間で終了した。

会場:川村学園女子大グランド 
日時;11月20日 9時半〜11時半
訓練参加機関:我孫子市消防本部、水道局、陸上自衛隊需品学校、NTT.、東電東葛支社、東日本ガス、我孫子郵便局、我孫子警察、我孫子市医師会・歯科医師会、我孫子市建設業界。我孫子市消防団、醸成防火クラブ、我孫子市
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月20日

挑戦しなさい

《人は優れているほど多くの間違いをおかす。優れているほど新しいことを試みる。》(ドラッカー)
ドラッカーはいう。 挑戦をやめ、無難な目標を掲げ、平穏な日々を送ろうとするが、それでは組織として成果があがらない。
組織の健全さは、高い基準の要求にある。高い基準を求めれば、当然失敗だって考えられる。しかし、ドラッカーは「それでよい」といっている。百発百中は曲芸であり、現実にはあり得ない。

もし「間違いや失敗をしたことがな い」という人間がいたとすれば、それは見せかけか、無難なことやくだらないことにしか手をつけない人間であろう。必要なのは、新しい挑戦をしない者は叱るが、努力し、挑戦したが失敗した者は叱らない姿勢である。挑戦を批判するのではなく、助けるという姿勢だ。そうした姿勢が徹底されて初めて「失敗を恐れるな」という言葉が真実味を帯びることになる。


この世に失敗しない人間など一人もいない。失敗しないということは、すべてにおいてパーフェクトであり、完全であるということだからだ。
日本の神々でさえ、数々の失敗している。それなのに多くの人は、失敗を恐れ、挑戦しようとしない。

「諸君は必ず失敗する、ずいぶん失敗する。成功があるかもしれませぬけれど、成功より失敗が多い。
失敗に落胆しなさるな。失敗にうち勝たなければならぬ。たびたび失敗すると、そこで大切な経験を得る。
この経験によって、もって成功を期さなければならぬのである。」(大隈重信)

とにかく、失敗を恐れず、新しいことにチャレンジすることだ。新しいことに興味がなくなった時点で、「過去の人」となる。
人は優れているほど多くの新しいことに挑戦する。だから、失敗もする。

「人は優れているほど多くの間違いをおかす。優れているほど新しいことを試みる。」という言葉を胸に刻みたい。


西村克己『1分間ドラッカー』(SB Creative)
posted by Nina at 08:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(4011)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)