2019年04月23日

統一地方選、一票未満で当落が

 千葉県内では統一地方選後半戦の3市長選と19市町議選が21日投開票され、4年間を担う市長・議員の顔ぶれがほぼ決まった。このうち3市れが議選では、同姓同名の候補者のほか、1票未満で明暗が分かれたり、定数内の得票順位の候補者が当選できなかったりという珍しい事態が起きた。
 勝浦市議選(定数15)では、立候補した17人の中に同姓同名の男性が2人いた。ともに元市職員であった鈴木克己氏。しかし、現職(64)は3選を果たし、新顔(60)は落選した。

 選挙戦では名前で区別がつかないため、市選挙管理委員会は大字(おおあざ)名での区別を想定。2人は、投票時に名前の前に大字を書いてもらうよう「お願い合戦」を繰り広げた。開票結果は、当選した鈴木氏は788・869票、落選した鈴木氏は241・130票。公職選挙法では、同姓や同名の候補がいるなどした場合、候補者が一人に特定できない票(案分票)はその候補同士で有効な得票の割合に応じて配分される。勝浦市選管によると、名前だけが記載されて判別できない39票が案分された。市幹部は「2人合わせて約1千の得票があるなかで、案分が39票とは少ない」と話す。

 3選を決めた鈴木氏は、「(大字の)うえのを連呼して、得票も前回(526票)から200票以上伸びた。珍しい事態で有権者の関心が高まったのだと思う。期せずして勝浦が注目されたのは良かった」と語った。

 他方、1票未満の得票差で当落が分かれる選挙もあった。
銚子市議選(定数18)では25人が立候補して、得票数が18番目の石上允康(いしがみ・みつやす)氏(73)が904・474票で当選し、19番目の男性候補(74)は904票で落選した。銚子市選管によると、候補者には石上氏のほかに別の「石上」姓や「石神」姓がいて、「石上」(9票)や「いしがみ」(4票)と書かれた票が案分された。市選管は「市内であったこれまでの選挙で、1票未満の票差で当落が分かれたのは初めて」という。


参照:朝日新聞(4/23)
posted by Nina at 07:46| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

CCC(cross-culture communication),英語でディスカッション

CIMG4310.JPG

本日のCCCでの話は、ダイエットへの関心が中心でした。上記は、英語リーダーのジェイソンが描いた図。
アメリカ人の多くが糖尿病だという事態から、どうもダイエットやサプリメントへの関心が高まったのではないかしらん。
小麦粉アレルギーもかなりの数の人がかかっているようだ、しかし、花粉症で苦しむ日本人とどっちが大変か、今のところ両方の兆候はない海津にいなにとっては、天の助けではある。しかし、緑内障だとの忠告を受けて年なりに定期検診にいかなくてはならない。考えるところ、毎朝の駅頭が紫外線を浴びて、目に影響したのではと思う。

よもやま話は、子供の話から、日本では幼児のうちから周りを気にして同じになるように心がけるようで、そこがアメリカ人とは大きく違うと思うとジェイソンが指摘。幼稚園で七夕の短冊に何が欲しいか書くのに、友達の短冊を見て描き出したから、皆が犬がほしいと書いたのだと話してくれた。自分の意見をしっかり持って表明する教育をするアメリカとは大いに違うところだといって、一同、さもありなんと納得した。出る釘は打たれる、だから出ないようにそろえることになる。それが良い子だと教えられる。だが、ジェイソンの言うように、個を大切にして自分の意見を言えるようになるのは、これからの日本人には必要だ。人と違って、みんないい、でも未だにそうもいかない現実ではある。子供たち、孫たちの時代はそういう点で励まして、育てていきたい。

次回は、5月18日(土)我孫子北近隣センター(並木)です。
どうぞ、見学にいらしてご参加ください!

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

70歳以上、運転できるか認知テスト

運転免許の高齢者(75才以上)認知症テスト




2:21あたりから

認知症になるか傾向を計るテスト
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

木下駅につながるアビバス

CIMG4299.JPG

CIMG4302.JPG

CIMG4297.JPG
クリックすると拡大して、当時の歴史がわかります。

CIMG4295.JPGCIMG4294.JPG

CIMG4307.JPG

posted by Nina at 15:39| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

花盛りの季節に

CIMG4313.JPG 
昨年秋に友人が枝を上手に枝垂れに剪定してくれたのでモッコウバラのアーチが、今年はなんだか素敵に見える。 

 CIMG4314.JPG  

レニのお墓に赤いツツジが咲いている、さいたま市の誕生プレゼントだということで、今年は二人目の孫にもツツジがプレゼントされて、株が二つになった。成長が楽しみだ。

姉の出産里帰りに合わせて妹がNYから帰省していたが、それも帰っていった。2歳とゼロ歳の泣き声やら歓声、ひやりの中でにぎやかっだった日々がもとに戻って、小さな庭には花が咲き出した。

今年は早くから鶯が鳴いていたが、暖かさが初夏並みになってきたせいか、あまり鳴き声を聞かせないでどこかへ飛び立ったみたいだ。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ペタンク

CIMG4128.JPG

CIMG4131.JPG

近所の公園では桜が満開の下でペタンクの朝練習があるというので、混ぜて頂き初参加してきた。
スポーツ推進員のかけ声で、念入りに準備運動をして、簡単にルールの説明をしてもらって、銀球を投げてビリヤードのような感じで点数を競う。
もっとも、球をどこにコントロールしていけるかは、地面の状態、乾燥や湿気、また起伏やら突起物によって運命の分かれ道が起きる。
フランス発祥のゲームだというので、以前にコマーシャルでおしゃれな雰囲気があって、年がいってから始めるにもなかなかいいなあと思っていたらご近所で集まってやっていた、また参加出来たら段々要領がわかってくるだろう。みなさまもご近所のチームを探して、どうぞいらしてみてください。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

五輪担当相の辞任

桜田義孝五輪担当相(69)は10日夜、首相官邸で安倍晋三首相と会い、自らの失言の責任を取って辞任する意向を伝えた。桜田氏はその後、官邸で記者団に「被災者の気持ちを傷付けるような発言をしてしまい申しわけない」と陳謝し、自らの発言を撤回。そのうえで「責任を感じて辞表を提出した」と説明した。桜田氏は同日、自民党の高橋比奈子衆院議員のパーティーで「復興以上に大事なのは、高橋さんだ。よろしくお願いする」と発言していた。

岩手県の達増拓也知事は11日、桜田義孝五輪担当相の失言について、記者団に「あのような軽口が出ることは信じられない気持ちだ」と語り、厳しく批判。さらに「大臣の個人的な問題というよりも、政権全体として復興についての基本的考え方が定まっていないところに問題がある」と安倍政権の姿勢を疑問視した。

また、大臣の地元では柏の恥だ−−。東日本大震災からの復興を軽視する失言で10日に五輪担当相を辞任した桜田義孝氏に対し、地元の柏市民らは憤りの声を上げた。来年に迫った東京五輪・パラリンピックのかじ取り役を県選出国会議員が担うことに当初は期待が高まったが、「辞任は遅きに失した」という声も漏れ聞こえた。


出典;
毎日新聞2019年4月12日
地方版【橋本利昭、金沢衛、斎藤文太郎、町野幸】
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

韓国の裏事情

日本の政治への高い関心とともに、一度謝れば「水に流す」のが美徳とされる日本の文化や考え方との違いがある。反日感情をあらわにする市民団体の行動は時に過激になる。警官隊ともみ合いになることも多い。集会の回数は増えても集まる顔ぶれに大きな変化はない。人数が急増している訳でもない。まして今年は、日本の統治に抵抗した「三・一独立運動」から100周年を迎えた。植民地時代に日本に協力した人物の責任を追及する動きが一段と活発になっているのだ。そのため、今までにも増して関係改善を望む人たちも、声を上げにくい空気が漂う。


 抗議集会のそばを通りかかった釜山市の会社員男性(32)に、市民の対日感情も悪化しているのかと問うと、首を振ってこう説明してくれた。「韓国ではかつて軍事政権による弾圧が続いた。市民団体は声高に叫ばないと注目されなかったので、そのやり方を踏襲してきた歴史がある」

 日本統治時代に小学時代を過ごした80代男性は、市民団体への苦々しい思いを明かす。「日本人も70代以上は韓国に対してすまないという思いを持つ人は多い。なのに何十年も前のことを引っ張り出して、子や孫の世代を苦しめて何になるのか」だが、その思いを公にすることはないという。「言えば問題になるだけ。関わらないのが一番いい」

「正直、歴史問題には関心がないんです。それよりも僕たちの世代は国に対する不満が大きい」。釜山市内の病院に勤務する高薫基(コフンギ)さん(31)はこぼした。

 韓国では徴兵制の負担は重いのに、若者の失業率は昨年まで2年連続で9%前後と高い。不動産価格も高騰し、上の世代よりも将来の見通しは厳しい。こうした世相を反映して日本で就職を目指す若者も増えている。昨年度、約100人の卒業生が日本に就職した釜山外国語大の鄭起永(チョンギヨン)総長によると、日本語学科の学生のうち、親が日本での就職に反対するのは1割ほどだという。「日本批判の政治家の発言には意図があることを見抜き、政府間の関係悪化に左右されず、合理的に考える人が増えたのではないか」と分析する。

 日本語教師の李(イ)セボムさん(35)は人々の気持ちをこう代弁する。「今は日本について悪い情報を見聞きしても、直接日本に行ったり、インターネットで内容を確かめたりできる。最悪といわれる韓日関係も冷静に見ている人が実は多いんです」

 釜山の魅力を動画で伝え、日本の視聴者と韓国人の交流会を開いてきた釜山在住の日本人、昆雅之さん(45)も揺らがない。「日韓の間に、一緒に食事ができる人間関係を少しでも増やしたい。人として向き合えば、相手への思いやりも生まれるでしょう」

 関係悪化をすぐに解決する妙案はない。でも希望はあると確信している。


参照:西日本新聞社(4/4)つづき
posted by Nina at 00:40| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

着物で観桜会@あびこゴルフ

今年もキモノ愛好会の皆さんと景観を守る会が開催する市民観桜会に参加しました。
桜も鑑賞もだけれど、キモノ愛好会の一行の姿もちょっとして名物になってきた感があるのではないかしらん。
景観の背景(脇役)に写真を撮りたいとの申し入れもある、ある・・・。

CIMG4123.JPG

CIMG4124.JPG

CIMG4122.JPG

集合場所はいつも、アビシルベなので、アビシルベのブログにも毎回紹介されている。
続けられるということは、元気な証拠よね〜、と妙齢のレディは逝く人を偲び、来る人を喜んだこの春でした。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

山の会に参加

念願の山行に参加しました。かつては随分と誘われて3千メートル近い山に泊りがけでも行ったものでしたが・・・。
最近は、声をかけても歩き続けられるかと門前払いになるような事情だったので、また断られるかと思っていたら、面接(?)をパスして加入させて頂けた。するとさっそく、栃木にある古賀志山(582m)にご一緒できることになりました。ワ〜イ(^^)/

CIMG4121.JPG

朝は6時集合で、エスパ前をバスで現地に向かうという有り難い山の会であります。
CIMG4114.JPG CIMG4117.JPG

翌日筋肉痛になると思ったら、「そんな若くはないと、三日後ですよ」などと、侮られたものの、三日たっても平気だったからアレ、楽勝だったのかと、それまで緊張しつつ筋トレに励んだ甲斐ありで自信になりました。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3062)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)